ページ内を移動するためのリンクです。

 9月2日から走り始めて3ヶ月、ようやく登場人物たちはホノルルマラソンを完走できました。書いている途中なんども「あー、こいつらぜったい完走できねぇわ」と思いながら筆を進めてきましたが、終わってみれば一人も欠かすことなくめでたく完走ですね、お疲れさまと言いたい、彼らに。  書き始めた当初は、 「ほんとうのマラソンはこんなもんじゃねぇ」  とう趣旨のありがたい感想を友人たちから貰っていたのですが、その
 アインシュタインの相対性理論をはじめて学んだとき、ぼくは子供の頃から感じていたいくつもの疑問がいっぺんに溶けて無くなっていく感動を覚えた。実は「時間」というものが、非常に物理的に伸び縮みすることも「ああ、やっぱり」とすんなり受け入れられた。同じ「1時間」であっても、ある人にとっては「50分」に見え、ある人には「1時間10分」に見える。  時間が伸び縮みするという事実は、子供の頃に感じた1年と、大
 レモンとレモンパパの背中が、色とりどりのランニングウェアの中に紛れてしまった。ずっと僕の隣を走っていたピンクのランニングウェアは、髪を束ねた小さな頭は、花束みたいな彼女の笑顔は、もう、どれだけ目をこらしても見つけられない。  レモンは、行ってしまった。  涙とか、出ない。  そんなものは全身の汗腺からとうの昔に、そして今もなお、流れ出てしまっている。両目に溜まるほどの水分を、僕の体はもう生み出せ
 すごいぜ、マラソン。  そもそも人の体は、というか現代人の体は、こんな長距離を走るために作られていないのだ。10段以上の段差がある階段にはエスカレーターが設置され、お気に入りの作家の新刊は1クリックで自宅まで届けられ、包丁を握る代わりにボタン1つ押せば鉄人が作った料理を解凍することが出来る。 21世紀も未来とは呼べない今日、40キロ以上を自力で移動する日常の存在は皆無をとおりこして、もはや困難と
 風が止んでいた。  一体いつから風は止んでいたんだろう。思い返せばアラモアナで走り始めてから風を感じなかったことなど一瞬たりともなかった。時にはぼくを背中から支えてくれたし、時にはぼくの両肩を正面から押さえつけていた。もしかしたら、もうずいぶん前に風は止んでいたのかもしれない。しかしぼくが一歩前に走るだけでハワイのまっ青な風はどこからともなく、絶えることなくやって来て、おぼつかない足取りのぼくに
 ホノルルマラソンコースの東端の折り返しは、まるで横たわった巨大なスプーンの外側をなぞるようなコース取りになっている。一路東を目指して走ってきたランナー達は、数キロにもわたる膨らんだ折り返しコースを超えると、こんどは元の道を西に戻るようになる。  ぼくらは折り返しコースを過ぎて、ようやくゴールめがけて西に向かい始めた。反対側の路線にはまだ折り返し地点が膨らんでいることを知らない初心者ランナー達の表
 ホノルルマラソンはカワイクイビーチの一本道の最後に、コースの折り返し地点が用意されている。それまでは5キロほどの平坦な直線コースが海沿いに続いている。道路の反対側には、既に折り返しを終えたランナーたちが走っていた。彼らが一歩踏み出せば、そのままコール地点は一歩近づく。非常に当たり前の話だけれど、折り返し地点を越えるまでは、ゴールから離れるようにしてぼくらはコースを走るのだ。  腹に差し込んでくる
 視界に13マイルの表示が入った。  ホノルルマラソンも、あと半分。  他のランナーはこの表示を見たときに何を思うのだろう。「よし、あともう半分」と気持ちにハチマキを巻いて気合いを入れ直したり、「おいおい、まだ半分もあるのかよ」と天を仰いでうんざりしたり、なかには遙々こんな所まで来て自ら体を痛めつけて「一体自分はなにをやっているのだろう」と心から途方に暮れているランナーもいることだろう。こういうと
 砕いた星が水中で光っているようなハワイの早朝の海は、まだぼくの目前にえんえんと広がっていた。あと1キロは続くと言われた上り坂も、途中で気を取り直してからはあっという間で、その後のアップダウンも体力的にはつらい道のりではなかった。  が。  その途中カイトが口にしたレモンの話は、それまで景色の温度に包まれていたぼくの心にじっとりと冷たい汗をかかせるのに充分だった。 「あのな、彼女はな、いま自分の両
 なんなんだこれは……。  スタートしてからこれまで比較的起伏のない道のりであったマラソンコースが、7マイルの標識を過ぎたあたり、コースが海岸沿いに戻りいよいよダイアモンドヘッドを間近に臨むようになったころから急に上り坂となった。 「こ、この坂、いつまでつづくんだ……」  思わず呟いた。見上げる坂はどこまでも果てることがない。あと1キロはずっと上り坂だよ、と手をつないだままのカイトが答えた。  

最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

rss
menstrend.jp全体のRSSフィードです。  
伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」250×250

menstrend.jpモバイルサイト

携帯電話で右のバーコードを読み取ると、URLが表示されます。

menstrend.jp編集長 林 正勝的チェック!

☆今週もチェックプリーズ!☆ 3月11日(水)柏木修 【水曜】井出泰斗的チェック!"ホワイトデーは喜ばせ"/第27週 3月12日(木)重光了滋 【木曜】ホワイ...
 

BEYES
bnr
BUYSELF
bnr