ページ内を移動するためのリンクです。



Ciao a tutti !
Come va?

みなさん、こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
日曜「Ciao,Ciao! Dall' Italia!」担当の青池隆明です。


日本は梅雨入りしたそうですが、
こちらイタリアは、異常気象的な5月の暑さが和らぎ、
今はとても心地のよい気候です。
毎日最高気温は30℃前後まで上がっているのですが、
カラッとしているからですかね、全く不快感がありません。
7月8月は相当暑くなるとのことなので、
イタリアやヨーロッパを旅するのであれば、
この季節が最高なんでしょうね。

日本でも欧米のように、各自が自由に長期休暇を取るというような
バカンス文化が定着したときには、
じめじめした梅雨どきに、日本を脱出して、
ヨーロッパで1ヶ月過ごすなんてのがいいのかもしれません。
まだまだ日本では夢のような話ですね...。


さて今日は、
パンチェッタと、夏野菜を使った簡単パスタをご紹介します。
パンチェッタとは、「豚バラ肉の塩漬け」のことで、
カルボナーラやアマトリチャーナといった日本でも人気のパスタソースに
使われている食材です。

日本だと、専門店などで購入しなければならないかもしれませんが、
もし美味しいパンチェッタが手に入れば、ぜひぜひお試しください!
ちなみに、日本で見かけるパンチェッタを使ったレシピでは、
ベーコンで代用と書かれていることが多いですが、
ベーコンは「豚バラ肉の燻製」のことなので、製造工程が全然違います。
よって、味もやっぱり違うものになってしまうので、
もしより本場に近い味を出そうとするのであれば、
パンチェッタを使うのがやはりオススメです!

P6071911.JPG
パンチェッタの旨みがソースの決め手

4人分のレシピ
・スパゲッティ 360g
・パンチェッタのブロック 240g
・ミニトマト 20個
 フルーツトマトなど甘みの強いもののほうがおすすめ
・ズッキーニ 1本
・アスパラ 8本
 ※野菜は他のものでOK!
・にんにく 2かけ
・オリーブオイル 適量
・塩 適量


①材料は全て1口大に切る。
②オリーブオイルをフライパンに敷き、熱くならないうちに
 スライスしたにんにくを入れる。
③にんにくが色づく前にパンチェッタを加え、
 じっくり弱火で火を入れていく。
④パンチェッタから十分に油が出たら、トマト、ズッキーニ、
 軽く茹でたアスパラを加え、塩で味を調える。
 ※パンチェッタに塩気があるので、控えめに。
⑤たっぷりの湯に塩を加えて、スパゲッティをゆでる。
⑥スパゲッティが茹ったら、フライパンにあけてソースと絡める。
⑦ゆで汁でソースの水分量や塩加減を調整する。
⑧最後に塩・オリーブオイルで味を整えて出来上がり。


ごつごつした大きさのパンチェッタを
ほお張れば、至福の瞬間。
オイルベースのシンプルなパスタですが、
パンチェッタから出た美味しい油と塩気で、
フォークが止まりません。


ぜひお試しください!
ではでは、また来週!
Ciao,Ciao!


カテゴリー:

タグ:
2009/06/14


Googleへ追加 はてなRSSへ追加  goo RSSリーダーへ追加

その他のRSSリーダーに登録

このエントリーのトラックバックURL

http://www.menstrend.jp/bin/mt-tb.cgi/15878

このエントリーにコメントを投稿する

コメントを表示する前にmenstrend.jpの承認が必要になります。
承認されるまでコメントは表示されません。





最近のエントリー

月別アーカイブ

カテゴリー

rss
menstrend.jp全体のRSSフィードです。  

menstrend.jpモバイルサイト

携帯電話で右のバーコードを読み取ると、URLが表示されます。

menstrend.jp編集長 林 正勝的チェック!

マーク編集長こと林正勝です みなさまお久しぶりです 元気ですか? 夏に向けて体を引き締めなくては!という時期であります 皆さんフィットネスには励んでますでしょ...