ギンザのオトコのブタイのコト ~第4幕「エリザベート」~

芸術

2012.06.28

 

終わる時のない 永遠に旅立とう 

 

コノ台詞はスゴイ。言えないなー
 
コレは"死"に惚れられた王女のお話し。
 
 
e0244492_185828100.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19世紀末のウィーン。
ある日、自分の美貌が武器になることに気付いたエリザベートは、
自らを完璧に磨きあげ、ハプスブルク帝国の皇后として栄華を極めていく。
 


5B_07751.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
"トート=死"は、エリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、
彼女もいつしかその愛を意識するようになっていた。
しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、
自らの死を意味することであることも、エリザベートは知っていた。

現実の愛よりも死を選んでしまう。。。
切ないけど永遠に2人で。。。失楽園のよう笑
 
現実の女性を連れて、
どっちがイイか問いただしてみると、"現実"って答える女性はイイ嫁さんになるな笑
 
 
 
 

媒体資料