働く男の美容十番勝負】大人必須!歯のメンテ『PMTC』のススメ/第36週(金曜担当/箱石克好)

ビューティー

2012.09.21

いつまでたっても30度越えが止まらない、日本の夏が延長模様ですがお変わりございませんでしょうか。そんなわけで、本当でしたら9月に入って即ご紹介しようと思っていた、秋を迎えるスキンケアめいた記事なども自分で「今要らないだろう・・・」と思いましてしばらく呆けておりました。そこで、30OVERの男女にはそろそろ必須でお手入れ事項に入れたい、オーラルケアについてピックアップしますね!

くったくなく笑顔でいられるためにも、そして目に見えない部分での深刻な疾病元を抑えるためにも歯の健康は大切です。

tooth.JPG

歯は再生できないって改めて思うと・・・コワ!

 今夏は実は私自身が口腔外科にて親知らずを2本抜歯したり、同い年の友人も数日後唐突に親知らずを抜歯するというローカルに衝撃な出来事があり、オーラルケアについての重要性を体感していた次第です。そもそも、『虫歯を治療する』という目的でしぶしぶ歯科に通うことはあっても、メンテナンスや定期健診のようにホーム・ドクターを持つ方はまだ少ないかもしれません。でも、虫歯になったら治療する、でなく『虫歯にならないように手を打っておく』ために歯科を活用する方がいろいろお得です。


 考えてみると、皮ふや髪の毛は傷を受けても再生しますが、歯だけは自ら再生することは決してなく、虫歯が進行して神経を抜くということは理屈だけで考えるとかなりデッドエンドな印象です。実際、削っても再生できない歯なのに、虫歯部分を削るしかなくなるということを本当はもっと真剣に考えていいのではないか?と思いました。最近は歯のホワイトニングアイテムも市販されていたり専用店舗やクリニックもありますので見た目に色が大事という認識は一般的なようです。

 気になる口臭や30代以上にめっきり増加する歯周病など、虫歯だけでなくエイジングには避けて通れないトラブルも、定期的にメンテナンスできるかかりつけを持てば、治療期間も長期にならずコストも抑えられます。


PMTCってなんだ?


Professional Mechanical Tooth Cleaningの意味であるPMTCは治療ではないため、一般に健康保険が使えません。日本の保険制度では病気を治すためにしか健康保険が使えず、PMTCのような虫歯や歯周病を防ぐための予防治療には保険手適応されないそうです。クリニックによってメニューは異なると思いますが、主に虫歯や歯周病への抵抗レベルの度合いによって来院する回数が異なりますのでやはり『鶏と卵』、平素からお手入れしておくに越したことはないみたい。

私が通っているクリニックでのPMTCメニューは下記のとおりです。


・歯石除去

・染色 プラークやバイオフィルム(細菌の塊)を赤く染めだし確認

・ポリッシング プラークやバイオフィルムを除去

・フロッシング 歯間をデンタルフロスにて汚れ除去

・ステイン除去 歯肉ダメージを抑え色素沈着を除去

・トリートメント 歯のミネラルを供給し再石灰化、歯の表面の細かい傷を埋めて保護

・歯肉マッサージ 歯肉の細胞活性化、細菌への抵抗力アップ

・高濃度フッ素塗布 歯質の強化、初期虫歯の再石灰化による修復、殺菌など


care.JPG

なんて言いつつ、私は虫歯があって通い始めたクチなので自戒の意味からも定期的メンテをオススメします。

歯周病菌は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす確率を高めるとのことが研究からわかってきていますし、糖尿病との因果関係もあるそうです。加齢とは避けることのできないこと。ならばできるだけ安心の境地でハッピーにいきたいものです。

お口のメンテナンスもそろそろ美容ルーティンに取り入れてみましょう。






媒体資料