九十九里で出逢った噂の磯ガキ

2014.05.19

こないだのゴールデンウイークの話。

GWということで夢の国で楽しい1日を過ごした後は、

嫁の実家のある九十九里へ。

以前から気になっていた飯岡にあるお店「つちや食堂」に

義父さんに連れて行ってもらいました。
103.png
・店構えに期待がふくらみます。

早速店内に入ると、まさに昔ながらの定食屋さん。
102.png
・壁一面に並んだメニューには有名な"サーファー定食"もありました。

ビールを1本頂き、おススメの料理からいろいろと幅広く注文してもらうことに。

まずはこのあたりで有名な、
101.png
・「飯岡産磯ガキの生ガキ」

出てきたのは、かなり小ぶりということでしたが、

身がしっかりしていて美味しかったです。

プリプリでした。

お次は、
106.png
・こちらも九十九里名物「蛤の酒蒸し」

昔、千葉に住んでいたころは、夏に九十九里浜に来て"でっかいハマグリ"を

昔ながらの畳の海の家で炭焼きにして、良く食べていた思い出があります。

うーん、懐かしい。

酒蒸しもいいですね。

それから、やっぱり刺身も食べたい、ということで、
108.png
・刺身盛合せから「赤貝」。

こちらも見事な赤貝でした。

貝殻付で赤貝の刺身を食べたのは初めてかもしれません。

新鮮そのもので、こりっこりしていて旨かったです。

ちなみに「刺身定食」にしたので、
107.png
・ご飯やお椀も一緒に頂きました。

続いては、
109.png
・「アジフライ」と、
110.png
・「カキフライ」。

こちらのお店、フライもかなりイケます。

そして最後は、写真を撮り忘れましたが、ご当地食材の「ながらみ」も

大量に頂き、美味しく楽しい昼食ランチは終了。

どれも新鮮で、華やかさはないけど美味しい料理ばかり。

特に名物の"磯ガキ"は小ぶりでしたが身がぷりっぷりで美味しかったです。

千葉県の九十九里近郊のお店、侮れませんな。

食事の後は近くの浜と飯岡灯台を観光して嫁さんの実家へと向かったのでした。

媒体資料