真夏の夜の〆はコレ。

2014.08.04

先日の東京出張の夜、ちょいと用事があり銀座へ、

友人と待ち合わせして向かったのは銀座コリドー街にある

「俺のイタリアンJAZZ」。

少し待ちましたが、今では意外とすんなり入れるのですね。

まずは、赤ワインのグラスで乾杯。
20001.jpg
・この日のつき出しは「チーズ」でした。

それから軽く野菜を一皿。
20002.jpg
・「旬の野菜プレート盛合せ」。

お次は周りの人たちがみんな注文していたのでうっかり注文してしまった、
20003.jpg
・「牛・トリュフ・フォアグラのミルフィーユ」。

これがまたソースの味が濃くて少しビックリ。

期待していただけに残念でした。

最後は、これまた目の前の厨房で作っていて美味しそうだったので注文してしまった、
20004.jpg
・「黒豚のサルシッチャのフィットチーネ」。

うーん、こちらも失敗。

シェフの皆さん味見されてるのでしょうか。

絶対しょっぱいですコレ。

ということで、最初の野菜は美味しかったのですが、その後の

濃厚すぎる料理にやられたので、お会計して店を出ることに。

このまま帰るのもなんだなぁ、ということで、

銀座にあるいつもの蕎麦店へ。

その店は銀座一丁目の昭和通沿いにひっそりとあります。

ちなみにこの日も銀座8丁目あたりから1丁目まで歩くとこ約20分。

やっと到着したのが、こちらの、
20011.jpg
・「流石 琳」

階段を降りて店内奥のテーブル席へ。

注文したのは、いつもの、
20005.jpg
・「冷やしかけそば」、通称「ひやかけ」。

これですよ、これ。

しっかりと〆られてコシのある蕎麦が、

たっぷりの冷えた出汁の中につかってるだけの、

シンプルなかけそば。

麺もさながら、このダシが飲んだ後の体に染みわたり、

旨いのです。

そしてせっかくなのでつまみに頼んだのが、こちらの、
20007.jpg
・「煮あなご」。

うーん、こちらも極上の一品。

ということで、こちらのお店、酒も肴も充実していて夜遅くまで営業しているので

おススメです。
20008.jpg

暑い日の夜、脂っこいモノはちょっと、というとき、

ぜひこちらの蕎麦店へ。

媒体資料