問題作!タランティーノ流西部劇

2013.03.05

オトコに見せたいこの映画『ジャンゴ 繋がれざる者』 /第118週(火曜担当/松村 知恵美)

1960年代にイタリアで数多く作られた西部劇のことを、日本では"マカロニ・ウェスタン"と呼びます。
ハリウッドの若手俳優などを主演に迎え、過激なバイオレンス描写を特徴としたこの"マカロニ・ウェスタン"、『荒野の用心棒』(1964年/原題:A Fistful of Dollars)、『続・荒野の用心棒』(1966年/原題:Django)などの作品で世界的に人気を博し、多くのマニアを生み出しました。

1963年生まれの映画監督、クエンティン・タランティーノもそんなマカロニ・ウェスタン・マニアの一人。
"最強の映画オタク"とも言われるタランティーノは、そんなマカロニ・ウェスタンの代表作『続・荒野の用心棒』に敬意を表し、この作品でフランコ・ネロが演じた主人公・ジャンゴの名をタイトルに掲げた映画を作り出しました。

それが、今回紹介する映画『ジャンゴ 繋がれざる者』です。

CM_20130305_02.jpg

本作の主人公・ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は元黒人奴隷。
「奴隷に結婚など必要ない」という理不尽な理由で愛する妻・ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)と引き離されてしまった哀しい過去を持つオトコです。

彼は奴隷商人に買われ新しい主人の元へ連れて行かれようとしている時に、賞金稼ぎのドイツ人歯科医、キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、彼が狙っている賞金首のブリストル三兄弟の顔を確認するため、彼と同行することになります。
そして、その度胸と才能をシュルツに認められ、賞金稼ぎの相棒となるのです。

CM_20130305_01.jpg

ここに、ドイツ人&黒人という、アメリカ南部ではどうにも目立つ、不思議な二人組が誕生します。

彼らは行く先々で奇妙な目で見られ、黒人蔑視の視線を感じつつ、臆することなく賞金稼ぎの旅を続けます。
そして、ジャンゴの妻・ブルームヒルダの現在の所有者がカルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)という大農園のオーナーだと言うことを突き止め、ブルームヒルダを取り返すため、キャンディに詐欺をしかけようとするのですが...。


レオナルド・ディカプリオ演じるカルビン・キャンディは、傲慢で残虐な南部人です。
自分の欲望を満たすために黒人奴隷を無邪気に殺し、その死を笑いながら見ている暴君カリギュラのような男なのです。

CM_20130305_03.jpg

ジャンゴとシュルツは、そんな彼に嫌悪感を爆発させ、生きるか死ぬかの激しい戦いに挑みます。
この決斗シーン、激しく弾丸が飛び交い、血しぶきで赤く染まる、なんとも激しいもの。
これまで、何年にもわたって黒人奴隷たちが溜め込んできた鬱憤を晴らすかのように、撃って撃って撃ちまくります。

愛する妻を取り戻すため、これまでの恨みを晴らすため、ジャンゴの拳銃は弾丸を放ち続けるのでした。


この映画が製作された2012年は、1862年9月にリンカーン大統領が出した奴隷解放宣言から150年にあたります。
こんな記念すべき年に、奴隷問題を真っ向から描いたこんな問題作を作ってしまうタランティーノ監督、やはりただ者ではありません。

この作品には137回、なんと1.2分に1回の割合で「ニガー」という単語が登場します。
いろいろと論議を呼んではいますが、"奴隷制度"というアメリカの過去の恥部にまっすぐ切り込み、ポップカルチャーにまで昇華させた手腕は、タランティーノならではといえるでしょう。


CM_20130305_04.jpgキング・シュルツを演じたクリストフ・ヴァルツはこの作品で二度目のアカデミー賞助演男優賞を受賞しましたが、カルビン・キャンディを演じたレオナルド・ディカプリオのキレた演技もかなりの見ものです。

最強の映画オタクが作り出す2013年のマカロニ・ウェスタン映画『ジャンゴ 繋がれざる者』。
1960年代のリアル・マカロニ・ウェスタンへのオマージュやコネタがたっぷりつまっでいますが、マカロニ・ウェスタンを知らない人でも充分楽しむことができます。

マカロニ・ウェスタンを知っている人も知らない人も、このタランティーノ流マカロニ・ウェスタンを、ぜひ映画館で体験して欲しいと思います。


(松村知恵美)


『ジャンゴ 繋がれざる者』(165分/アメリカ/2012年)
原題:Django Unchained
公開:2013年3月1日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
劇場:丸の内ピカデリーほか全国にて
公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/


<STORY>
1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人、キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた農園の監督官をしていた賞金首のブリトル三兄弟を見つけ出し、殺す。その腕を見込んだシュルツは、彼を相棒にすることに。やがてシュルツに心を許したジャンゴは、自分にはブルームヒルダという妻がいたが、奴隷同士の結婚は許されず、引き裂かれてしまった哀しい過去を話すのだった...。


監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン/ウォルトン・ゴギンズ/ドン・ジョンソン/ローラ・カユーテ/デニス・クリストファー/ジェームズ・ルッソ/ジェームズ・レマー/トム・ウォパット/ブルース・ダーン/フランコ・ネロ/ロバート・キャラダイン

媒体資料