夢を叶えたオトコが見る空は...

2013.07.09

オトコに見せたいこの映画『風立ちぬ』 /第134週(火曜担当/松村 知恵美)


大きな空を自由に飛び回りたい...、そんな望みを少年時代に抱いたことのある人は、多いのではないでしょうか。
映画監督の宮崎駿監督も、きっとそのうちの一人でしょう。

『天空の城ラピュタ』や『紅の豚』など、彼の多くの作品には、自由に大空を飛ぶ飛行機が登場し、その飛行シーンの美しさは宮崎アニメの特徴のひとつとも言われています。

そんな宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』以来、5年ぶりに手がけたアニメ映画が、この『風立ちぬ』です。
宮崎監督作らしく、美しく大きな空を飛び回る飛行機の美しさと、自然の雄大さが心に残る一作と言えるでしょう。

本作は、太平洋戦争当時、日本が世界に誇る戦闘機、零戦の設定を手がけた堀越二郎を主人公に、幼い頃からの夢を叶えた航空技術者の設計者の半生を描いています。
1920年代と言う、日本が戦争に突入していくこの時代に、現実主義と理想主義をあわせ持ち、美しい飛行機をつくるために努力を続けた堀越二郎は、まるで宮崎駿監督本人のようです。


cm_20130709_01.jpg

この映画は、実在の人物・堀越二郎の半生に、堀辰雄の小説「風立ちぬ」のストーリーを重ねあわせて描いています。

この映画に登場する堀越二郎は、幼い頃から飛行機に憧れ続け、その夢を叶えるための努力を重ね、飛行機の設計士になった男性です。
二郎は、まっすぐな理想主義者でありながらも、現実主義者な面も持ち、人を巻き込む魅力やパワーもある青年として描かれています。

そして、勤務する会社でよりよい戦闘機を作ろうと努力を重ねながら、美しい女性・菜穂子と恋に落ちます。
しかし、肺病という病を抱えた菜穂子と愛し合いながらも、都会を離れて療養する彼女と離れて暮らさざるを得なくなるのです。
夢を叶えてついた飛行機の設計という職業に全力を尽くせば病気の菜穂子を一人にせざるを得ず、菜穂子のそばにずっといようとすれば仕事をおろそかにせざるを得ず...、彼にとっては大きなジレンマを抱えたまま、仕事を続けることになるのです。


そして、堀越二郎は飛行機を作り続けます。
想像の翼を広げ、最上の飛行機を作り上げ、やがて海軍零式艦上戦闘機、いわゆる零戦を作り上げるのです。


堀越二郎は、空を飛ぶ飛行機に憧れ、戦争へと向かって閉塞していく時代の中でも、自分の夢を叶えるためにただ一筋に生きて来た青年として描かれています。
暗い時代の中で、ただ夢を追い、自分にできることを懸命にやり続け、夢を叶えて飛行機を作り出すことができるようになった二郎。
ただ、その飛行機は、戦争に使われるための戦闘機でした。

自分の作った飛行機が、戦争に多くの若者を向かわせた...。
戦闘機作りに専念するため、愛する菜穂子にも淋しい思いをさせ、別れることとなってしまった...。


自分の理想とする仕事を追求した結果、それが"最良"の結果を招くとは限らない。
精一杯やったその結果が、愛する人を不幸にしたり、国を敗戦に導いたりすることもある。
しかし、夢を追求する人の姿は美しく、どんな結果になっても、人はそれを受け止めて生きていかねばならない...。


主人公、堀越二郎の抱える苦しみは、数々の名作アニメを作り出し、日本のアニメーション界に大きな影響を与えた宮崎駿監督と抱えているものと似ているような気がします。
宮崎監督の強い意志と決意、そして達観が感じられるような、そんな美しいアニメーションです。


(松村知恵美)


『風立ちぬ』(126分/日本/2013年)
公開:2013年7月20日
配給:東宝
劇場:全国にて
公式HP:http://kazetachinu.jp/


<STORY>
幼い頃から飛行機が大好きだった堀越二郎は、ドイツの飛行機製作者、ジャンニ・カプローニと通じ合うものを感じていた。東京の大学を卒業し大軍需産業のエリート技師となった二郎は、念願の飛行機の設計を手がけるようになる。しかし、自分の設計した飛行機が墜落し、傷心した二郎は避暑地で一時を過ごすことに。そこで里見菜穂子という美しい女性と恋に落ちた二郎は、菜穂子と婚約。しかしその時、菜穂子の体は肺病に冒されていた...。


原作・監督・脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
主題歌:松任谷由実
声の出演:庵野秀明/瀧本美織/西島秀俊/西村雅彦/スティーブン・アルパート/風間杜夫/竹下景子/志田未来/國村隼/大竹しのぶ/野村萬斎


■関連記事■
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>『風立ちぬ』
オトコに見せたいこの映画 『ワイルド・スピード EURO MISSION』
オトコに見せたいこの映画 『華麗なるギャツビー』
オトコに見せたいこの映画 『エンド・オブ・ホワイトハウス』
オトコに見せたいこの映画 『グランド・マスター』


(C) 2013 二馬力・GNDHDDTK

媒体資料