伝説の老スパイ、ロシアで大暴れ

2013.11.26

オトコに見せたいこの映画『REDリターンズ』 /第147週(火曜担当/松村 知恵美)


"Retired Extremely Dangerous" 略して"RED"。
引退したはずの危険なオヤジたちが大暴れして大ヒットを記録した2011年の映画『RED/レッド』。

このオヤジたちが、再びスクリーンに帰ってきました。
しかも、この最新作ではアメリカを飛び出して、パリ、ロンドン、モスクワなど、ヨーロッパの主要都市で大暴れ。
元気なオヤジパワーを見せ付けてくれます。


cheese_20131126_01.jpg

本作の主人公であるフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、CIAを引退した超腕利きエージェント。
恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)と共に、平穏な日々を送りたいと望んでいます。
しかし、そうは問屋が卸さない。

かつての仲間のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)は執拗に危険な仕事に誘ってくるし、突然FBIには拉致されるし。
しかも、正体不明のゴードン(ニール・マクドノー)という男の率いる部隊には狙われるわ、かつての仲間だった超腕利き韓国人ヒットマンのハン・チョバイ(イ・ビョンホン)には狙われるわ。
さらには、友人であるはずの美しき英国人女性スナイパー、ヴィクトリア(ヘレン・ミレン)までがフランクを狙っているというのです。

絶対絶命の中、フランクはかつては恋愛関係だったロシアの女スパイ・カーチャ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と手を組んで、今回の襲撃のキーワードである"ナイトシェード計画"について調べ始めます。

そして、精神病院に35年も監禁されていた超危険なマッド・サイエンティスト、ベイリー博士(アンソニー・ホプキンス)の存在を突き止め、彼を病院から連れ出すのですが...。


本作には、新キャラクターとして韓国人ヒットマンのハン・チョバイ(イ・ビョンホン)、ロシアの女スパイ・カーチャ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、マッド・サイエンティストのベイリー博士(アンソニー・ホプキンス)らが登場。
シリーズに新たな旋風を吹き込んでいます。

それぞれに見せ場はたっぷりなのですが、特に注目していただきたいのは、マッド・サイエンティストを演じるアンソニー・ホプキンスです。

"大量殺人界のロックスター"、"死のダ・ヴィンチ"といった異名を持つ恐ろしいオトコなのですが、35年も監禁されていたせいか、無邪気な可愛らしいおじいちゃんぶりを見せてくれます。
彼が関係していたとされる"ナイトシェード計画"とはどんなものなのか、それがなぜ今頃になってインテリジェンスの世界で話題になりはじめたのか...。


もちろん、ブルース・ウィリス演じる主人公のフランクも、"大量殺人界のロックスター"に負けずに大活躍。
世界を股にかけ、FBI、CIA、ロシア軍なんか目じゃないくらいの大暴れ。

そのくせ、今カノのサラと元カノのカーチャ、美しきレディ・ヴィクトリアら、美女たちには頭が上がらなかったりするあたりは可愛らしかったりもし、引退したはずの設定ながら、現役感バリバリです。
むしろ、イ・ビョンホンなんてまだまだ若造、引退してからが本物のオトコ、なんて思わせてくれたりも。

ジョン・マルコヴィッチ演じるマーヴィンも、好きなこと(彼の場合は、それが爆薬作りだったりするのですが...)を楽しみまくっています。
このフリーダムな感じ、やはりなんのしがらみもないリアイアの身だからこそ、なのでしょうか。。。


この映画『REDリターンズ』を観ていると、こんなに自由なのであればリタイアもいいなあと思わせてくれます。
オヤジもカッコいいものだと思わせてくれるこの作品、老後のロールモデルとして観てみるのもいいかもしれません。


(松村知恵美)


『REDリターンズ』(116分/アメリカ/2013年)
原題:RED 2
公開:2013年11月30日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
劇場:TOHOシネマズスカラ座ほか全国にて
公式HP:http://www.disney-studio.jp/movies/red/


<STORY>
CIAエージェントを引退したフランクは、恋人のサラとのどかな生活を送っていた。しかし、フランクは突然FBIに拉致され、"ナイトシェード計画"について尋問される。しかも、フランクを目当てにゴードンという男が率いる部隊がFBI本部を襲ってきた。絶対絶命の中、相棒・マーヴィンとサラに救出されたフランクは、"ナイトシェード計画"の謎を追うことに。そんなフランクを、ゴードンと、韓国人ヒットマンのハン・チョバイが追っていた...。


キャラクター創造・原案:ウォーレン・エリス/カリー・ハムナー
監督:ディーン・パリソット
脚本:ジョン・ホーバー/エリック・ホーバー
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ/デイヴィッド・レディ
出演:ブルース・ウィリス/ジョン・マルコヴィッチ/メアリー=ルイーズ・パーカー/アンソニー・ホプキンス/ヘレン・ミレン/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/イ・ビョンホン/ブライアン・コックス/ニール・マクドノー/デビッド・シューリス/スティーヴン・バーコフ/ティム・ピゴット=スミス/ギャリック・ヘイゴン


■関連記事■
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>『REDリターンズ』
オトコに見せたいこの映画 『キャプテン・フィリップス』
オトコに見せたいこの映画 『悪の法則』
オトコに見せたいこの映画 『スティーブ・ジョブズ』
オトコに見せたいこの映画 『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』


(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

媒体資料