ノアが神に託された大プロジェクト

2014.06.10

オトコに見せたいこの映画『ノア 約束の舟』 /第165週(火曜担当/松村 知恵美)


神が地上に大洪水を起こし、地上の生き物が洗い流される。
生き残ったのは、アダムとイブの子孫で、巨大な箱舟を作ったノアと、そのノアが箱舟につがいで乗せた動物たちだけだった...。

「創世記」で有名な"ノアの箱舟"のお話。
この"ノアの箱舟"が『ブラック・スワン』などの映画監督、ダーレン・アロノフスキーによって実写映画化されました。
"箱舟の製作"、"神からの託宣"に取り憑かれ、人類の命運を握る史上初にして最大のビッグ・プロジェクトにたった一人で取り組む男・ノアを演じるのは、『グラディエーター』のラッセル・クロウです。


cm_20140610_01.jpg

この映画『ノア 約束の舟』の主人公のノアは、妻そしてセム、ハム、ヤフェトという三人の息子、イラという養女と暮らす一人の男性です。
彼は「悪に染まった人間を一掃するため、洪水で地上を洗い流す」という神の託宣を受け、家族や、堕天使が姿を変えた"番人"たちの助けを得ながら、高さ13メートル、幅22メートル、全長133メートルという巨大な三層構造の箱舟を作り上げます。
そして、大洪水に備えて、何かに導かれるように集まって来たつがいの動物たちを舟に乗せ、彼らを眠らせていきます。

一人の人間であるノアに課されたのは、まさに人類の運命を左右するビッグ・プロジェクト。

・何もない荒野に、箱舟を作るための木を育てる
・木を切り出して箱舟を作る
・動物たちを集める
・箱舟に乗せた動物たちを、洪水後の地へ連れて行く

TO DO リストにすると簡単なようですが、もちろんそんなに簡単なわけもなく。

託宣を受けてビジョンを見ても、言葉で具体的に「あれをしろ」と指示されるわけではないので、まず神の"正確な意図"が彼にはわかりません。いわば、丸投げされた状態。
ノアは、その丸投げされた神のビジョンを実現するため、祖父であり最長寿の人間であるメトシェラの指導を仰いだりしながらも、そのビジョンを実現するため、"この選択が正しいのか"と悩みながらも、ただ自分の信じる道を進むのです。

ノアの良き理解者であるはずの息子たちも、セムは養女・イラとの恋に夢中で弟の気持ちも考えず、ハムは「僕も嫁が欲しい!」とダダをこねて、"箱舟プロジェクト"の真の意味を理解しようとしません。
最愛の妻・ナーマですら、神の代弁者でもあるノアの意見よりも、息子たちの意見を重視するようになるのです。


cm_20140610_02.jpg


この状況、現代のプロジェクトと考えてみれば、こんな状況かもしれません。

・経営トップからざっくりとしたビジョンだけ示されて、非常に大きなやりがいのあるプロジェクトを任されはしたものの、まずプロジェクトの方向性がはっきりしていない。
・部下たちも思い思いの意見を言うけれど、ビジョンを共有しようとする意志がない。
・実は、リーダーもトップのビジョンを理解しきれておらず、自信を持てない部分がある。

こう考えると、このプロジェクト、なかなか成功するような気がしません。
さらに、次のような阻害要因も発生します。

・斜め上の人間からの横やりが入り、予想外のアクシデントが勃発。
・プロジェクトの成功により不利益を被る人間が、徒党を組んでプロジェクトの妨害を画策。
・プロジェクトメンバーたちの離叛。

孤独なリーダーであるノアの状況は、まさに四面楚歌。
未曾有の大洪水は待ったなしでやって来るし、神の意志には背けないし、非情な決断を次々に下すことになるのですが...。

こんな中、ノアはこのビッグ・プロジェクトを成功に導くことができるのか?
果たしてこのプロジェクトの成功とは、何なのか?

一人の人間が、神のビジョンを実現しようと悩みながら、ひとつひとつの決断を重ねていく姿には、鬼気迫るものがありました。
巨大な箱舟、荒れ狂う洪水などのリアリティあふれる映像や、創世の物語を再現する壮大でイマジネーションあふれる映像も素晴らしいものです。
史上最古の無茶ぶりを受けたプロジェクト・リーダー、ノアの苦闘と決断を描くこの映画『ノア 約束の舟』、現代のビジネスマンにも多くの気付きを与えてくれそうな作品です。


cm_20140610_04.jpg


(松村知恵美)


『ノア 約束の舟』(138分/アメリカ/2014年)
原題:Noah
公開:2014年6月13日
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
劇場:TOHOシネマズ日劇1ほか全国にて
公式HP:http://www.noah-movie.jp/


<STORY>
アダムとイブの子孫であるノアは、夢で神から宣託を受ける。神は堕落した人間を滅ぼすため、大洪水を起こしてすべてを地上から流し去ろうとしているのだ。ノアは三人の息子らとともに巨大な箱船の建設を始め、あらゆる種類の動物たちをつがいで集め始める。ノアの長男・セムは養女のイラと恋に落ちていた。やがて大洪水がやって来て、地上のあらゆる物を流してしまった。ノアは、残された家族たちに「自分たちが最後の人類だ」と告げ...。


製作・監督・脚本:ダーレン・アロノフスキー
製作総指揮・脚本:アリ・ハンデル
製作総指揮:クリス・ブリガム
製作:アーノン・ミルチャン/メアリー・ペアレント/スコット・フランクリン
音楽:クリント・マンセル
撮影:マシュー・リバティーク
出演:ラッセル・クロウ/ジェニファー・コネリー/レイ・ウィンストン/エマ・ワトソン/アンソニー・ホプキンス/ローガン・ラーマン/ダグラス・ブース/レオ・マクヒュー・キャロル/ダコタ・ゴヨ/ケヴィン・デュランド/マートン・チョーカシュ/ニック・ノルティ/フランク・ランジェラ/マーク・マーゴリス


■関連記事■
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
オトコに見せたいこの映画 『ニード・フォー・スピード』
オトコに見せたいこの映画 『X-MEN:フューチャー&パスト』
オトコに見せたいこの映画 『ラスト・ベガス』
オトコに見せたいこの映画 『アメイジング・スパイダーマン2』


(C) MMXIII Paramount Pictures Corporation and Regency Entertainment (USA) Inc. All Rights Reserved.

媒体資料