働く男の美容十番勝負】皮ふはモチロン、爪・髪、たるみ、全方位カバーは?/第38週(金曜担当/箱石克好)

2012.11.30

 めっきり寒くなってきたこの頃、忘年会シーズンもすぐそこまでやってきました。あたたかな湯気と日本酒をともにお鍋など囲みたい日が続きます。気温の低下とともに乾燥も増し、せっせと保湿対策をするもどんどん水分が逃げていく気がする・・・そんなときにはやっぱり、体の内側から整えていくことでせっかくの保湿対策が功を奏します。

 今では新鮮味すら覚えないほど定着化したコラーゲンについてご紹介します。

MP900443287.JPG

吸収されるには低分子化コラーゲン

 コラーゲンが美容にいいとされ、化粧品や飲食物にも採用されて久しいですが初期のころ、よく研究者の方はこっそりと言ったものです。「正直コラーゲンを外側からそのまま塗ったところで分子量の問題で実際に弾力を生むコラーゲン再生の助けにはならないだろう。ま、保湿剤として納得するだけですね」など。そもそもこのコラーゲンとセットで初めてその威力を感じるエラスチンは、コラーゲンに絡みつき弾力性を生みますが、紫外線や活性酸素でエラスチンが破壊されている現実。だから、コラーゲン再生を促進できること、さらにエラスチンをも補給できるシステムがどうしても重要になります。美容業界に「エイジングの救世主」と華麗なデビューを果たしてから数年、この分子量についても研究が進み、今では吸収のあまりよくない分子量の大きな動物性のものよりも、低分子化した吸収力がよく、体内に摂取されやすい、いわば効き目を感じやすいコラーゲン関連製品がどんどん登場しています。

 選ぶ際はこの「低分子化コラーゲン」はいまや重要な点でしょう。そして原料を確認し、吸収力の高い魚類由来のフィッシュコラーゲンであることも注目点です。


実際どんなことが期待できるのか

 空調で乾き切った室内と、空っ風吹き荒れる外気、特に都会のビル風といったらその過酷さは日々身にしみて実感されているのでは。
そんな中で生活していれば、髪はパサパサ(スタイリング剤疲労もありますね)、手指も角質化やササクレが目立ったり、肌も顔だけでなくかゆみが出るほど乾燥が気になっても不思議ではないですよね。でも多忙な日々の中でたとえば男性でボディクリームやオイルでお手入れなんてなかなか難しいし、せいぜい入浴剤の保湿効果を気にするくらいで精一杯かも。というか、女性である私にしたって全方位ケアは相当イベントごとで鼻先にニンジンでもなければ無理です。

 そんなとき、毎日の飲食の中にこの低分子コラーゲンを取り入れてみてください。早ければ爪や髪のとくに先端まで栄養が生きにくい部位こそ効果をすぐに実感できます。
 そのまま売っているドリンク剤もいいですが個人的にお薦めはコストパフォーマンスの高い、飲食物にプラスする粉末タイプです。気軽にコーヒーやお茶などにインできるのでデイリーケアの意識なく取り入れやすいと思います。


粉末、ドリンク、サプリメント、コラーゲンにプラスαも

 コラーゲン単体でなく、その他美容成分を共に配合した製品でハリや弾力だけでなく、健康な輝きが期待できるものがお得です。実際私個人の体験で申しますと、せっせと外側から塗り込んだり、複数のサプリメントを多用するよりも、コラーゲンを採り続けた方が全身ケアには簡単でラクチン、比較的目に見えて効果があったのは指先と頬の弾力でした。人によって勿論個人差ありますのであくまで参考レベルですが、ハンドクリーム多用があまり好きでない方は、コラーゲンで内側からケアすると如実に実感できる気がしますよ。


■ 個人的なオススメ(費用対効果重視)

★パウダータイプ 
● アミコラでお馴染 「アミノコラーゲン」 
● アミコラをパワーアップ! 「アミノコラーゲン プレミアム」 (ともに株式会社明治)

★サプリメントタイプ
●お値段も手ごろがウレシイ、「HTCコラーゲン」(株式会社ファンケル)














媒体資料