【3週連続企画】POSTEのベトナム面白体験記_ベト映画

2013.04.04

こんにちわ!ベトナム情報局POSTE(ポステ)の元尾です。

3週連続企画のPOSTEのベトナム面白体験記。今回で最終章です!

最終章は映画の紹介です!

少しふざけた形でガイドブックにはないベトナムの文化を面白く紹介致します!

TVや雑誌でもない、在住者だからこそ紹介出来る内容。

是非、最後までお付き合いくださいませ!

----------------------------------------------------------------------------------------

最終章は映画。

タイトルは「LONG RUOI」。

1万ドンで買いました、安過ぎですね。

 

 

背景にホーチミン発展のシンボル、

ファイナンシャルタワーが見える辺り、

とてつもなくバブリーな匂いがする映画です。

 

そして前面に写っているのは、「顔が似ている」、

フライ返しを持つダサめの男とピストルを持つスーツの男。

...。

すごく「ツインドラゴン」に似た匂いがするのですが、

いやいや!実査にフタを開けてみなければ真実は分かりません!!

 

ちなみに僕、ベトナム語を始めたばかりもいいところでして、

挨拶と名前と日本人であることを訴えるのが精一杯のレベルです。

 

つまり全く分かりません。

観る前から暇を持て余して寝てしまわないか心配です。

 

という訳で再生、ポチリ。

配給会社のロゴでしょうか。

不死鳥イメージかな、かっこいいですね。

 

 

まずは予告用の映像が流れてきました。

 

いきなりドドーンと!ファイナンシャルタワーです。

 

調べてみるとこの映画は2011年に製作されたようで、

一方ファイナンシャルタワーは2010年10月末に開業したとのこと。

 

なるほど。

 

当時、といってもつい去年ですが、

このビルは正にバブルのシンボルだった訳ですね。

 

 

カラベルホテル?の様な場所でのシーン。

予告用の抜粋とはいえオーシャンズ11みたいでちょっと面白そうです。

 

適当に買ってみたんだけど、こりゃもしかしたら当たりを引いたかも!?

姿勢を正していよいよ本編の始まり始ま

 

 

...え?

 

なんかすげー...画質が一気に落ちた...え??

枠も...ズレてるっていうか...何かがおかしいぞ...。

 

 

あ、これ、人の...腕?

右にあるのは...人の頭...だよね??

 

あ、そか、そうかそうか、これきっとあれだね。

 

映画館だね...!!!

 

お店で買ったDVDが、映画館の中撮りなんだね...!!

そら1万ドンしかしない訳だよ...!!

 

店には同タイトルが他にもたくさんあったので、

おそらく中身は全て同じこのクオリティなんだと思います。

 

これは買い手の想定内なんだろうか、

それともベトナム人でもチョイオイ(=OMG)なんだろうか。

 

気を取り直して観賞を続けます。

これもこれで、観客の笑い声が入っているので、

ベトナム人の笑いのツボが分かって面白いかも知れません頑張れば。

 

分かり易いコメディタッチだったので、

ストーリーもなんとなく察しがつきます。

 

田舎者が何らかの事情によって大都会のホーチミンへ。

何らかの事情によってマフィアのボスの身代わりをすることになり、

何らかの事情によって敵マフィアの大ボスと対決して何らかの決着がつく話の様です。

 

はい、すいません、分かり易いってのは言い過ぎました。

 

 

コメディ的エロ要素も飛び出します。

 

ベトナムは物凄く入国時の検閲が厳しく、

日本のグラビア雑誌程度でも持っていれば即アウト罰金です。

多ければ2,000ドルを取られる場合もあるそうですきゃーなにそれこわい。

 

だけどもこういう映画の中を覗いてみれば、

割とそれなりにエロが散りばめられているんですね。

 

考えてみればハリウッド映画を上映していたりするんだから、

ちょっとくらい濡れ場があってもおかしくないとも言えます。

 

 

分かりにくいですが、(男の)オシリも飛び出します。

車を降ろさないとウンコ漏れるぞっという状況みたいです。

 

 

兄ちゃんの股間のチャックを閉めているシーンなんですが、

 

 

丁度部屋に入ってきた女性が「なにあんたらフ◯ラしてんの?」というコント的シーンがあったり。

 

 

...なんというか、思っている以上のエロ率です。

おいおいベトナムはエロ厳禁なんとちゃうんかい。

 

何処の国でもあるのかも知れませんが、

国と民間の性質は常に同じという訳ではありませんね。

 

 

なんかシリアスなシーンらしいけど眩しい、とにかく眩しい。

撮るならもうちょっと上手くやれ。

 

 

そしてあっちゅー間にエンディングロール。

 

うーん、映画館の中撮りが意識せずとも手に入ってしまうとはなー。

純粋に映画を楽しむつもりだったのに、ビックリするほどの肩透かしを喰らっ

 

 

!?

 

!!??

 

これ、多分、見たことあるで!

 

Windows Media Playerの...メニュー画面やで...!!

 

参考:Windows Media Player

 

 

まさか、

 

今まで観ていたものは、

 

映画館の中撮りなどではなく、

 

パソコンで再生したものを撮っていたというのか...!?

 

観客の笑い声が響く規模の人数で、パソコン鑑賞会を開いているというのか...!!

 

いや、しかし、もしかしたら本当に、

映画館でWindows Media Playerを使っているかも知れません。

それはまたの機会にでも映画館を訪れて確かめてみたいと思います。

 

 

その後にシレッと始まるメイキング特典。

いや、なんでこっちはこんなに綺麗なんだよ。

 

 

 

どうでしたでしょうか。

 

僕はただ純粋にベトナム文化を楽しもうと思っていたのですが、

まさかコンテンツ以前の文化を堪能出来るとは思ってもいませんでした。

---------------------------------------------------------------------------------------

今回で3週連続企画は終了です。

POSTEではベトナムを盛り上げていくべく様々なことに挑戦しております!

取材や番組企画でご相談があればお気軽に連絡ください。

お問合せはこちらから

媒体資料