50周年を迎えた東海道新幹線のトリビア

2014.11.10

うっかりしていました。
東海道新幹線、今年で開通50周年なのだそうです。

あまりにも正確無比に運行されているので、その「有り難み」を改めて感じることはないのですが、新幹線のスゴさは海外に出ると良く分かります。これほど時間ピッタリに走る列車は、世界広しと言えども我が新幹線をおいて他にない。何しろ東海道新幹線の1列車当たりの平均遅延時間は僅か36秒。
中国の列車なんてあなた、1時間遅れなんて当たり前で、2,30分の遅れなど「遅れ」の内にも入りません。
 
先日も名古屋に日帰りで出張したのですが、いやはや速かったですねぇ。
新横浜から名古屋駅までたったの1時間22分。家から新横浜まで1時間もかかっているですから、何だか妙な気持ちになります。

昨今の円安も手伝って、日本は外国人観光客で溢れています。
新幹線も当然外人客が多く、車両に1人や2人は必ず見かけます。
当然英語の車内アナウンスが必要になってくる。
「Ladies and gentlemen. Welcome to the Shinkansen. This is the "Nozomi" Super Express bound for Shin-Osaka.」という例のアレです。

あのアナウンスの女性、どこかで聞いたことがあるな、と思っていたらウチのクルマのナビの声の方でした。ナビには日本語版と英語版があるのですが、英語版にすると新幹線の声になる。声の主はDonna Burkeさんという東京在住のオーストラリア人で、他にもマツダのサウンドロゴや、J-WAVEのジングル等、幅広く活躍されているとこのこと。

今度新幹線に乗られたら、ちょっと気を付けて英語のアナウンスを聞いてみてください。
ちょっとした新幹線トリビアでございました。

Photo1:東海道新幹線は今年で開業50周年。運行開始以来乗客の死傷事故ゼロという輝かしい記録を持っております(あくまで乗客の、です。飛び込み自殺は防げませんわな)

1.jpg

Photo2:名古屋ではドラゴンバンブーなる店でコラーゲンたっぷりのフカヒレラーメン大盛りを食したのですが、蕎麦ばかりが多くてフカヒレはちっとも大盛りではありませんでした。世の中甘くないです......。

2.jpg

媒体資料