はじめての能〜演目「船弁慶」

2013.09.19

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。

日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、
毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。

◆能【船弁慶】

〜物語〜funabenkei01.jpg

源義経は平家を滅ぼした後、兄・頼朝より疑いをかけられ、ひとまず都落ちし、西国へと向かいます。尼崎・大物の浦より船出することとなった一行。弁慶は時節柄相応しくないと、同行の静御前を都へ返すよう進言します。義経との別れを悲しむ静御前ですが、沈む心を引き立てて、烏帽子をつけて別れの酒宴で舞い、義経を励まし、涙に暮れながら見送ります。(中入)

 

船出した一行を嵐が襲います。見る間に波間より現れる平家一門の亡霊。中にも平知盛は激しく襲いかかり、海に沈めようとしますが、弁慶が祈り、法力によって消えていきます。

〜舞台展開〜 

funabenkei02.jpg

次第の囃子で登場する子方・ワキ・ワキツレ。義経の役を子方が勤めるのは、ヒーローである義経を神聖視して、または大人だと静御前と相対すると、生々しくなるというような意味合いがあります。弁慶は西国へ下る経緯を述べます。やがて尼崎・大物の浦に着いた一行。弁慶は義経に静御前を帰すよう進言します。静は都へ帰るよう命じられ、涙にくれますが、別れの酒宴で舞(中之舞)を舞い、義経を見送り、烏帽子を脱ぎ捨てて泣く所は、しみじみした別れの余韻があります。

 

船出をためらう義経を促し、船頭に船を出させる弁慶。船頭は瞬く間に船を出し、場面は海上となります。高い波に翻弄される小舟の様子を、操る船頭と「浪頭」という囃子が効果的に表現します。

 

やがて「早笛」で平知盛の亡霊が波間より現れ、長刀を振るって義経に襲いかかります。太刀を抜いて応戦する義経を弁慶が押し止めて、数珠を揉んで祈ると、亡霊は法力によって退散します。

 

 

〜鑑賞〜funabenkei03.jpg 

息つく暇のない面白さ

 

この能は、ストーリー展開の面白さもさることながら、登場人物の一人一人が、大変魅力的に描かれています。前シテと後シテが全く別人格というところが、この能の大きな特徴です。

(白翔會)

媒体資料