白翔会

はじめての能〜演目「弱法師」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【弱法師】 〜物語〜 左衛門尉通俊は、ある人の讒言によって我が子・俊徳丸を捨ててしまったことを悔やみ、天王寺で施しを行います。そこへ杖を突きながら現れたのは、「弱法師」とあだなされる盲目の青年、俊徳丸。折りしも彼岸の中日、施しの人々に連なる弱法師の袖に、満開の梅の花びらが芳香を放って散りかかります。施しを受けた弱法師は、仏の慈悲を讃え、天王寺縁起を語り、乞われるままに日想観を拝みます。心に焼きついた須麿明石難波の浦の景色を今も見えるかのように、ありありと心に描きつつ、彷徨い歩くのですが、 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「頼政」

はじめての能〜演目「頼政」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【頼政】 〜物語〜 諸国を巡る僧が、奈良に向かう途中、宇治の里に立ち寄ります。この宇治は名所の多い所、僧を呼びとめた老人はあたりの名所を親切に教えてくれます。さらに平等院に案内して扇の形に刈っ …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「吉野天人」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【吉野天人】 〜物語〜 吉野の桜を見ようと連れ立って来た都人たち。満開の桜の山に分け入ると、気品のある女性が現れます。この山に住み、花を友として暮らしているというその女性と時を経つのも忘れ、花見をする一行。やがて女性は、じつは天人であることを明かし、ここで信心し、夜を明かすならば、真の姿で現れましょうと約束して姿を消します。(中入)   澄みきった月光のもと、舞い降りた天人は、花に戯れるかのように美しく舞います。 〜舞台展開〜  舞台正面(正先)に据えられた桜の立木は、全山満開の吉野 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「養老」

はじめての能〜演目「養老」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【養老】 〜物語〜 雄略天皇の御代のこと美濃国本巣郡に霊泉が湧き、勅使が遣わされます。勅使が養老の滝に着くと、霊泉を見つけた親子と出会い、養老の滝の謂われを聞きます。霊泉の場所を教えられた勅使 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「楊貴妃」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【楊貴妃】 〜物語〜 唐の玄宗皇帝は、こよなく愛する楊貴妃を失い、悲しみの余り、魂の在り処を探させます。命を受けた方士(仙界の術を身につけた者)は、天上界はもとより黄泉の国まで訪ね歩き、ついに蓬莱の島で、楊貴妃の魂と出会います。その姿は在りし日と変わることもなく、たとえようもない美しさでした。確かに出会えたしるしにと、かんざしを差し出す楊貴妃に、方士は玄宗皇帝と誓い合った言葉を聞かせて欲しいと頼むのでした。   -天に在らば願わくは比翼の鳥とならん   地に在らば願わくは連理の枝とならん …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「夕顔」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【夕顔】 〜物語〜 豊後国の僧(ワキ)が都の寺を廻るうち、五条辺りにさしかかり、女性(シテ)が和歌を吟ずる声に足を止めます。僧が処の謂れをたずねると、女性は、ここは「何某の院」の跡ですと答えます。その昔は融大臣が住まわれ、「河原の院」と呼ばれ、時代が下り「源氏物語」の中ではただ「何某の院」とだけ記されてた場所と詳しく教えるのでした。やがて乞われるままに、夕顔君と光源氏の出会いや、夕顔の儚い運命を語り、夢に参りましょうと姿を消します。(中入)   僧の弔いに引かれ、在りし日の姿で現れた夕顔 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「熊野」

はじめての能〜演目「熊野」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【熊野】 〜物語〜 平宗盛の寵愛厚い熊野のもとに、故郷・遠江国(静岡県)より、侍女・朝顔が老母の文を携えやってきます。   熊野は、「命あるうち一目会いたい」と記された母の文を持って宗盛のもと …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「三輪」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【三輪】 〜物語〜 大和国・三輪山の麓の小さな庵にひっそりと暮らす玄賓僧都という高僧のもとに、毎日樒と閼伽の水を持って訪れる女がおりました。今日も訪れた女は、秋も夜寒になったので、玄賓に衣を無心して帰って行こうとします。かねがね不思議に思っていた玄賓が、女の住まいを問うと、「不審に思うならば、杉の木立がある門をしるしにいらして下さい」と言って、かき消すように姿を消します。(中入)   玄賓の衣が三輪の社の神木に掛かっているという里人の知らせに出向くと、先程女に与えた衣が杉の枝に掛けられ、 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「藤戸」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【藤戸】 〜物語〜 うららかな春の日。源氏の武将・佐々木盛綱は藤戸の戦の先陣の功により賜った児島に意気揚々と入部し、訴訟のある者は申し出るようにと触れを出します。   すると、さめざめと泣きながら中年の女性が現れ、我が子を海に沈められた恨みを述べます。盛綱はその言葉を制し、訴えを退けようとしますが、せめて弔って欲しいと嘆く母の心を不憫に思い、浦の漁師であった青年を手に掛けた経緯を語るのでした。   -去年の三月二十五日の夜、浦の男を一人呼び出し、この海を馬で渡ることの出来る浅瀬を聞き出す …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「船弁慶」

はじめての能〜演目「船弁慶」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【船弁慶】 〜物語〜 源義経は平家を滅ぼした後、兄・頼朝より疑いをかけられ、ひとまず都落ちし、西国へと向かいます。尼崎・大物の浦より船出することとなった一行。弁慶は時節柄相応しくないと、同行の …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料