白翔会

はじめての能〜演目「百萬」

はじめての能〜演目「百萬」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【百萬】 〜物語〜 大和国・吉野に住む男(ワキ)が、西大寺の辺りで親とはぐれた男子を拾い、嵯峨野・清涼寺へやってきます。春たけなわのこの日、清涼寺では大念仏が行なわれています。群れ集う人の中に …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「班女」

はじめての能〜演目「班女」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【班女】 〜物語〜 美濃の国、野上の宿の遊女・花子(シテ)は、吉田の少将(ワキ)と契り、扇を取り交わして再会を約束して、その日を待ち暮らす日々でした。野上の宿を追われた花子は、うつつない姿で都 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「半蔀」

はじめての能〜演目「半蔀」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【半蔀】 〜物語〜 都、紫野・雲林院の僧が一夏の間、仏に供えた花々の供養をしていると、どこからともなく女が現れ、夕顔の花を捧げます。名を尋ねる僧に、女はただ五条辺りの者とだけ答えて、花の蔭に姿 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「羽衣」

はじめての能〜演目「羽衣」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【羽衣】 〜物語〜 三保の松原の漁師白龍は釣りから帰ると、虚空に花降り音楽が聞え、妙なる香りがして、ただならぬ様子と見るうちに、浜辺の松に世にも美しい衣が掛けられているのを見つけます。持ち帰り …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「野守」

はじめての能〜演目「野守」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【野守】 〜物語〜 大和国・御蓋山の麓に広がる春日野。鏡のように美しい池水に、旅の山伏もしばし足を止めて見とれていると、春日野の番人の老人が現れます。山伏がこの池水の謂れを尋ねると、老人は「私 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「鵺」

はじめての能〜演目「鵺」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【鵺】 〜物語〜 都へと上る旅の僧は、津の国・芦屋の里に着き洲崎の御堂で一夜を明かします。夜更けて、異様な姿の者が舟で漕ぎ寄せて来ます。名を尋ねたところ、その昔、源頼政に射られて死んだ"鵺"の …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「巴」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【巴】 〜物語〜 木曽に住む僧が都に上る途中、近江国・粟津の原に立ち寄ります。どこからともなく若い女が現われ、社前に静かに手を合わせ、涙します。不審に思った僧が尋ねると、社はこの地で戦死した木曽義仲を祀っていると教え、夜もすがら弔って欲しいと頼み、湖水に入相の鐘が響く頃ついに名乗ることもなく姿を消します。   僧の弔いのうちに、在りし日の凛々しい女武者姿で現われた巴御前の霊。自ら奮戦した有様や、義仲の最期を看取り、共に自害することを許されなかった心残りを語るのでした。 〜舞台展開〜 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「融」

はじめての能〜演目「融」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【融】 〜物語〜 初めて都へ上ることを思い立った僧は、はるばる東国からの旅を終え、六条河原院の旧跡で一息つきます。そこへ田子を担いだ汐汲みの老人が現れます。海辺でもないのに汐汲みとはと不審に思 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「東北」

はじめての能〜演目「東北」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【東北】 〜物語〜 早春の頃、東国から初めて都に上った旅の僧は、今を盛りと咲く梅の美しさに思わず足をとめます。すると美しい女性が僧を呼び止めて梅の謂れを詳しく語るのでした。「この梅こそ和泉式部 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「天鼓」

はじめての能〜演目「天鼓」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【天鼓】 〜物語〜 後漢の御代のこと、王伯王母という夫婦のもとに男の子が生まれ、天から鼓が降る夢を見て授かった子なので、天鼓と名付けられます。不思議な事にその後本当の鼓が天から降り、天鼓を打つ …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料