白翔会

はじめての能〜演目「玉鬘」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【玉鬘】 〜物語〜 諸国一見の僧が初瀬詣でを思い立ち、初瀬川にさしかかると、谷間の急流を小舟を操って遡って来る若い女性に出会います。その女とともに初瀬に詣でた僧は、やがて二本(ふたも)の杉に案内されます。この杉こそ『源氏物語』の中で玉鬘とその母・夕顔の侍女右近が運命的な再会を果たした所。女は、玉鬘の数奇な生い立ちを詳しく語り、自ら玉鬘であると仄めかして姿を消します。   (中入)   僧の弔いに、心乱れる有様で現れた玉鬘の霊。深い迷いの心を晴らして成仏します。 〜舞台展開〜 名ノリ笛の …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「忠度」

はじめての能〜演目「忠度」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【忠度】 〜物語〜 須磨の山里に人知れず咲く山桜。旅の僧はその木のもとに手向けをする木こりの老人と出会います。一夜の宿を乞う僧に、老人はこの花の下ほどの宿があろうかと勧めます。この桜の木こそは …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「高砂」

はじめての能〜演目「高砂」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【熊坂】 〜物語〜  陽春の光きらめく播州(兵庫県)高砂・高砂の浦。一本の松の老木の下を掃き清める気品ある老夫婦がおりました。折から、この浦に立ち寄った肥後の国・阿蘇宮の神主・友成は、松の謂わ …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「千手」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【千手】 〜物語〜 一の谷の合戦で生け捕られた平重衡は、鎌倉に送られ、狩野介宗茂に預けられ、死を待つ身の上です。手越の長の娘・千手は頼朝に遣わされて重衡を見舞い、出家の願いが叶わぬ由を伝えます。千手は意気消沈する重衡を慰めようと「十悪と言えども引摂す(十悪の罪人も、仏は極楽へ迎え取る)」と朗詠して舞います。そんな千手の思いやりに、重衡の心も解け、琵琶を弾き、千手も琴を合わせます。やがて夜明けとともに重衡は再び都へ送られて行き、千手は泣く泣く見送るのでした。 〜舞台展開〜 まず、狩野介宗 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「殺生石」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【殺生石】 〜物語〜 下野の国、那須野の原に不気味にそびえる巨石。旅の高僧・玄翁(ワキ)は思わず足を止めます。石の上を飛ぶ鳥が次々と落ちて来たからです。   すると何処からともなく、この寂しげな野辺に似つかわしくない妖艶な女(シテ)が現れて石の謂われを語ります。-それは殺生石といって、近づくものの命を奪う恐ろしい石です。昔、鳥羽院の寵愛を受けた玉藻の前は美しく、教養もある人でしたが、その正体は恐ろしい化生の者で、ついには見破られて打ち取られ、その執心が石となったのです-   余りの詳しい物 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「善界」

はじめての能〜演目「善界」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【善界】 〜物語〜 唐の天狗の首領・善界坊は、自国の慢心の僧達を次々に天狗の道へ引き入れ、さらに日本の仏法を妨げようとやって来ます。愛宕山の太郎坊を訪ねた善界坊は共に先ず比叡山を狙うことにしま …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「西行桜」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【西行桜】 〜物語〜 都、下京辺に住む者は、桜の名所を訪ね歩いて日を送っていましたが、西山の西行の庵の桜が盛りと聞き、友を誘って遥々花見に向かいます。   庵の一木の桜の下、心静かに花を楽しんでいる西行のもとに、都の人々が押しかけて、さながら洛中のような賑やかさになります。西行は   供養は安きこと。しかしながら誰を願主として弔うのでしょう。   人々を厭わしく思う心の内を詠み、しかたなく共に花見をします。   するとその夜の夢に、桜の精が老体の姿で現れ、無心に咲く花に何の咎があろうかと、 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「源氏供養」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【源氏供養】 〜物語〜 時しも春さかり、花の都を後にして石山寺をめざす安居院の法印。景色を愛でながら進む法印を一人の女性が呼びとめます。   安居院の法印様。私は『源氏物語』六十帖を書き、後の世までも知られる身となりましたが、光源氏を供養しなかった罪により、成仏できずにおります。どうぞ供養をお願い致します。   供養は安きこと。しかしながら誰を願主として弔うのでしょう。   と問う法印。その女こそ紫式部と悟るのでしたが、女はついに名乗らず、紫に色づく夕方の光の中にふと姿を消します。(中入) …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「熊坂」

はじめての能〜演目「熊坂」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【熊坂】 〜物語〜 都の僧が東国を目指し、美濃国・赤坂にさしかかると、一人の僧が現れ呼び止め、今日はさる者の命日なので弔って欲しいと頼みます。一体誰を回向するのかと問うと、その名は明かさず、自 …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「菊慈童」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【菊慈童】 〜物語〜 所は中国、魏の文帝の頃のこと。麗縣山の麓より不思議な水が湧き出し、水上を訪ねてみよとの勅命を受けて、勅使が山に分け入ります。辿り着いた所は、菊の花の咲き乱れる仙境でした。そこに住む美しい少年は、なんと周の穆王の時代より七百年もの間老いることもなく生き続けたというのです。   少年は穆王に賜った枕に記された法華経の二句の妙文を菊の葉に書き付け、菊に宿った露が、やがて不老不死の霊水となって流れ出たのです。経文を讃え、楽しげに舞う少年。枕を帝に捧げ、菊を掻き分けて、庵の中に …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料