白翔会

はじめての能〜演目「井筒」

白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【井筒】 〜物語〜 しんしんと更けて行く秋の夜。ここは大和の国・在原寺。その昔、在原業平・紀有常の娘夫婦が住んだと伝えられる所です。荒れ果てた庭には、井戸と一叢の。この寺に立ち寄った旅の僧は、古塚に手を合わせて参る、由ありげな若い女に出会います。女は旅の僧に乞われるまま、業平夫婦の物語を詳しく語ります。 「幼き日、井筒に水鏡して背比べした二人は、 筒井筒 井筒にかけしまろがたけ 生にけらしな いも見ざるまに 比べこし ふりわけ髪もかたすぎぬ 君なにずして たれかあぐべき と …

続きを読む

COLUMNS

はじめての能〜演目「安達原」

はじめての能〜演目「安達原」
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【安達原】 〜物語〜 熊野那智・東光坊の阿闍梨・祐慶の一行は、本山を出、諸国行脚の旅に出ます。陸奥・安達原にさしかかると、日はとっぷりと暮れ、ぽつんと灯った明かりを頼りに、一軒の家に宿を乞い …

続きを読む

COLUMNS

【ようこそ能の世界へ】演目のご紹介『葵上』/第1週(木曜担当/白翔会)

【ようこそ能の世界へ】演目のご紹介『葵上』/第1週(木曜担当/白翔会)
白翔會は、能楽師・坂井音重師の芸術活動の後援を目的として活動している団体です。 日本の大切な伝統文化である『能』を少しでも多くの方に知ってもらうため、 毎週、ひとつずつ能の演目を紹介して参ります。 ◆能【葵上】 〜物語〜 光源氏の正室・葵上は、物怪のために重い病の床にあります。その正体を知るため、照日巫女が梓の弓を鳴らして物怪を呼び寄せます。葵上の枕辺に現れたのは、六條御息所の生霊でした。 …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料