国内初の「母乳バンク」、ダナンの病院で設立

2016.01.22

保健省傘下の母子健康局と南中部沿岸地方ダナン市保健局は14日、同市産婦人科小児科病院で、国内初となる「母乳バンク」を設立した。

 この母乳バンクでは、母乳の寄付を呼びかけると共に、規定の要件を満たすドナーを選び出す。厳格なプロセスにより搾乳された母乳は、殺菌検査や消毒処理を経て保管され、母乳が出ない母親の子に贈られる。この活動が成功すれば、全国の病院でも同様の母乳バンクを設立していく予定だ。

 同病院では、毎年約1万5000人の新生児が生まれるが、その5分の1にあたる3000人は早産や感染症などにより母親と隔離され、母乳の恩恵を受けられずにいる。

■海外展開支援サービス
http://global.starmark.co.jp/

海外展開を検討されているお客様へ、さまざまなソリューションを御提供いたします。

媒体資料