海外ニュース

15年Q3労働市場、短大・大学・大学院卒の失業率増加続く

労働傷病兵社会省が発表した2015年第3四半期の労働市場調査レポートによると、短大・大学・大学院卒の失業率が増加を続けている。この現状は、職業訓練で身に付けるスキルよりも学歴や資格を重視していること、現在の教育が求人者の需要に迫っていないことに対する警鐘とも言える。  第3四半期における全国の失業者数は前期比▲1万5900人減の112万8000人で、うち大学・大学院卒の失業者数が同+2万6100人増の22万5500人と全体の20%を占めている。一方、有職者は前期よりも63万7560人多い5317万人だった。  同省傘下の労働社会科学研究所によると、職業訓練短大卒の失業率は前期の4.76%から7.95%へ、一般短大卒は6.79%から7.93%へ、大学・大学院卒は4.60%から4.88%へと …

続きを読む

COLUMNS

2015年のベトナムのヒット商品は「配車アプリ」、日経調査

日本経済新聞社(東京都千代田区)は、アジアの13か国・地域ごとに人気の商品、サービスを選ぶ「アジアのヒット商品」をまとめた。それによると、2015年のベトナムのヒット商品は、「配車アプリ」「分譲マンション」「有機野菜」の3つだった。  配車アプリは、スマートフォン経由でタクシーやバイクタクシーなどの車両を予約・配車することで、生活の利便性向上を図るもの。ベトナムでは、タクシー配車アプリの「GrapTaxi(グラブタクシー)」及び「Uber(ウーバー)」、バイクタクシー配車アプリの「GrabBike(グラブバイク)」がそれぞれ2014年からサービスを開始した。  2015年は、ビナサンタクシー[VNS](Vinasun)のタクシー配車アプリ「ビナサンタクシー(Vinasun Taxi)」や …

続きを読む

COLUMNS

11月の訪日越人+40.8%の1.5万人、年初11か月は17.5万人

日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2015年11月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+40.8%増の1万4600人で、11月として過去最高だった2014年の1万0370人を約4200人上回り、11月の過去最高を記録した。ベトナムは2012年1月から47か月連続で各月の最高値を更新している。  また、年初11か月では、前年同期比+50.5%増の17万5100人で、2014年通年の12万4266人を約5万0800人上回り、過去最高値を更新した。  11月の訪日外国人数は前年同月比+41.0%増の164万7600人で、11月として過去最高だった2014年の116万8427人を約47万9200人上回った。月間の訪日外国人数は2014年3月から21か月連続で100万人を超えている。 …

続きを読む

COLUMNS

ベトナム、国際的な環境教育プログラム「GLOBE」でNASAと協力

 ベトナム科学技術研究所(VAST)は9日、アメリカ航空宇宙局(NASA)との間で、国際的な環境教育プログラム「環境のための地球規模の学習及び観測(The Global Learning and Observation to Benefit the Environment=GLOBE)」に関する協力契約を締結した。  GLOBEは、全世界の学生や教師、科学者が相互に協力しながら、環境に関する意識の啓発や地球に関する科学的理解の増進などを目的として環境観測や情報交換を行うもの。1994年のアースデイ(4月22日)に提唱され、米国商務省海洋大気庁(NOAA)やNASAが中心となって活動が行われている。  協力契約の締結により、ベトナムの学生や教師、科学者に対して、環境データの観測・解析方法を …

続きを読む

COLUMNS

越EU間FTAに正式署名、2018年の発効目指す

ベルギーの首都ブリュッセルで2日、ベトナムのブー・フイ・ホアン商工相及び欧州委員会のセシリア・マルムストロム通商担当委員は、グエン・タン・ズン首相の立会いのもと、ベトナムと欧州連合(EU)間の自由貿易協定(FTA)に正式署名した。各国・地域の国会での批准手続きを早期に完了させ、2018年年初の発効を目指す。  ベトナムとEUのFTA交渉は2012年6月26日に開始され、これまでに14回の会合が開催された。3年以上にわたる交渉を経て今年8月に大筋合意に達し、今回の正式署名に至った。  両者は、縫製品や履物、農水産物、木製品などのベトナムの主力製品、また機械や設備、自動車、アルコール飲料、農産物といったEUの主力製品を含めた全品目の99%の関税を撤廃することで合意している。  同FTAが発 …

続きを読む

COLUMNS

年初10か月の鉱工業生産指数、前年同期比+9.7%増

統計総局(GSO)の発表によると、2015年10月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率は前月比で+3.4%、前年同月比では+8.8%だった。年初10か月では前年同期比+9.7%となり、年初8か月時点の伸び+9.9%以降若干減速傾向にある。  年初10か月の鉱工業生産高を産業別伸び率で見ると、◇電気:前年同期比+11.5%増、◇加工・製造業:同+10.0%増、◇石油・石炭等採掘:同+8.4%増、◇浄水・廃棄物処理:同+7.4%増だった。 ■海外展開支援サービス http://global.starmark.co.jp/ 海外展開を検討されているお客様へ、さまざまなソリューションを御提供いたします。 …

続きを読む

COLUMNS

2014年の宝くじ総売上高63兆VND、南部で圧倒的人気

財政省によると、全国における宝くじ会社の数は64社を数え、2014年の総売上高は63兆VND(約3390億円)に上った。このうち、南部で活動している21社の売上高が全体の87~88%に当たる55兆3000億VND(約2970億円)だったのに対し、北部(29社)及び中部(14社)ではそれぞれ3兆2000億VND(約172億円)、4兆5000億VND(約242億円)に留まった。  2014年における南部の宝くじ会社1社当たりの平均売上高は2兆6000億VND(約140億円)に達したが、北部及び中部ではそれぞれ1100億VND(約5億9100万円)、3200億VND(約17億2000万円)程度だった。  宝くじ会社の2014年業績状況について、北部の会社の税引前利益は10~20億VND(約53 …

続きを読む

COLUMNS

国営企業の株式会社化、年初9か月でわずか94社

財政省によると、年内に株式会社化が予定されている国営企業289社のうち、既に株式会社化された企業は9月末時点でわずか94社だったという。  国営企業の株式会社化が難航している原因として、◇投資家が株式会社化の過程における情報公開の透明性や正確性を懸念していること、◇対象企業の経営陣が自身のポジションを守ろうと株式会社化を意図的に遅延していること、などが挙げられている。  政府は年初からこれまでに、株式会社化を通じて国営企業から4兆5000億VND(約242億円)の出資を引き揚げた。年末までに残る195社の株式会社化を行い、18兆VND(約968億円)を回収する必要があるが、年内の計画達成は難しいと見られている。 ■海外展開支援サービス http://global.starmark.co …

続きを読む

COLUMNS

TPP発効に期待大、繊維・縫製、水産、木製品分野の各企業

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉が5日、大筋合意に達した。米国のシンクタンク、ピーターソン国際経済研究所(PIIE)は、TPP発効によりベトナムは所得が+13.6%、輸出額が+31.7%と、TPP参加12か国の中で最も大きく増加すると予測している。  国内株式市場はTPPへの期待から、繊維・縫製、水産、木製品の各分野の企業の株価が上昇している。ベトナム投資開発銀行証券(BSC)によると、繊維・縫製はベトナムにとってTPPによる利益が大きい分野の一つだという。米国と日本への輸出額増大が期待できるが、原材料の原産地に関する規則により、国内またはTPP参加国で原材料を調達する必要がある。  水産分野では、エビ、タコ、マグロの輸出業者が、日本向けの輸出で有利になる。日本の輸入税率が現行 …

続きを読む

COLUMNS

年初9か月GDP成長率+6.5%、過去5年で最高値

統計総局(GSO)の発表によると、2015年年初9か月の国内総生産(GDP)成長率(推定値)は+6.5%で、年初9か月では2010年以降の最高値を記録した。ベトナムのGDP成長率は年末に向かって上昇する傾向にあるため、政府目標の+6.2%の達成は確定的と見られている。  2015年年初9か月における名目GDP額の合計は、1954兆5030億VND(約10兆5081億円)。分野別に見ると、◇農林水産業:321兆9970億VND(約1兆7312億円、前年同期比+2.08%)、◇工業・建設業:656兆5010億VND(約3兆5296億円、同+9.57%)、◇サービス業:749兆6680億VND(約4兆0305億円、同+6.17%)、◇その他:226兆3370億VND(約1兆2169億円、同+5. …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料