海外ニュース

2020年までの交通インフラ整備、民間資金288兆VND必要

 交通運輸省の交通インフラ案件に関する民間資金活用案によると、2016~2020年期に約288兆VND(約1兆6300億円)の資金が必要になる。内訳は、◇道路:164兆VND(約9270億円)、◇海路:44兆VND(約2490億円)、◇空路:55兆VND(約3110億円)、◇国内水路:11兆VND(約621億円)、◇鉄道:14兆VND(約791億円)。  道路は南北高速道路、ハノイ市・ホーチミン市と周辺地域を結ぶ幹線道路を優先的に整備し、2020年までに高速道路約2500kmの完成を目指す。海路と国内水路は、3つの経済重点地域で引き続き港湾システムを整備し、新型コンテナ船の受け入れができるようにする。  空路は、東南部ドンナイ省で計画されているロンタイン国際空港や、いくつかの空港の建設費 …

続きを読む

COLUMNS

15年上半期の求人数+34%増、過去3年で最高の増加率

 インターネット上で求職求人情報サービスを提供するエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)傘下のナビゴスグループ(ホーチミン市)が運営するベトナム最大の求職求人サイト「ベトナムワークス」<www.vietnamworks.com>によると、2015年上半期の求人数は前年同期比で+34%増加した。上半期の増加率としては過去3年間で最大となった。  求人数の増加率が大きい分野は、建築・インテリアデザインの+98%が最大で、以下◇コンサルティング(+95%)、◇小売・卸売(+58%)、◇広告・PR・渉外(+51%)、◇生産(+49%)の順。ポジション別の求人数の割合では、経験のある社員が全体の66%を占めた。その他の割合は、以下◇室長(16%)、◇課長・監督(12%)、◇社長(3%)、◇新卒・実習 …

続きを読む

COLUMNS

15年上半期FDI認可額、▲19.8%減の55億USD

 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2015年上半期のFDI認可額(推定値)は54億9300万USD(約6800億円)で、前年同期に比べて▲19.8%減少した。  認可額は減少したものの、同期の実行額(推定値)は前年同期比+9.6%増の63億USD(約7700億円)と、引き続き順調に伸びている。  新規認可額及び追加認可額は共に前年同期と比べて減少しているが、案件数は新規、追加のいずれも増加しており、認可案件数の合計は前年同期比+15.4%増の757件となっている。  国別では、韓国が15億2300万USD(約1870億円)で、全体の27.7%を占めトップを維持。2位は英領バージン諸島の6億8500万USD(約840億円)、3位は韓国 …

続きを読む

COLUMNS

ベトナム進出日系企業数、前年比+10.9%の1452拠点、国別8位

 日本の外務省領事局政策課が発表した2014年10月1日現在の海外在留邦人数調査統計(要約版)によると、ベトナムに進出している日系企業数は、前年比+10.9%の1452拠点で、国・地域別ランキングで見ると前年と同じく8位に付けている。  ベトナム進出日系企業数の過去4年間の推移を見ると、◇2010年:前年比+3.5%増の981拠点(11位)、◇2011年:同+10.2%増の1081拠点(11位)、◇2012年:同+12.0%増の1211拠点(8位)、◇2013年:同+8.1%増の1309拠点(8位)となっている。  在外公館別で見ると、在ホーチミン日本国総領事館が前年比+10.7%増の866拠点で18位、在ベトナム日本国大使館が同+11.2%の586拠点で27位となっている。  201 …

続きを読む

COLUMNS

QSアジア大学ランキング、ベトナムの2大学がトップ300入り

 英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS:Quacquarelli Symonds)が発表した最新の大学ランキング「2015年QSアジア大学ランキング」で、ベトナムから、◇ベトナム国家大学ハノイ市校(151~200位)、◇ベトナム国家大学ホーチミン市校(201~300位)の2校が選出された。  同ランキングは、◇専門家の評価、◇雇用者の評価、◇学生1人当たり教員比率、◇教員1人当たり論文引用率、◇外国人教員比率、◇留学生比率の6つの評価指標をもとにアジアの大学上位300校をランク付けしたもの。QSが2009年から毎年発表している。  ベトナムの2校は、主に「専門家の評価」と「雇用者の評価」の点数でトップ300に入ったが、「教員1人当たり論文引用率」は他国の大学と比べるとまだ低い水 …

続きを読む

COLUMNS

清水建設、ホーチミン市で2764mの長大橋梁工事を受注

 清水建設株式会社(東京都中央区)とビナコネックス[VCG](Vinaconex)傘下のビナコネックスE&Cから成る共同企業体は、ホーチミン市南部で計画されている長大橋梁「ビンカイン橋」の架設工事をベトナム高速道路開発投資総公社(VEC)から受注し、9日に請負契約を締結した。受注金額は約207億円。  ビンカイン橋は、ベトナム南部の物流の促進及びホーチミン市内の交通渋滞の緩和と将来の交通需増への対応を目的として計画されたもの。ホーチミン市とハノイ市を結ぶ南北高速道路の一部で、同市南部を東西に走る全長57.1kmのベンルック(メコンデルタ地方ロンアン省)~ロンタイン(東南部ドンナイ省)高速道路区間に位置する。  同橋梁の規模は、全長2763.5m、最大幅員30.35m。うちニャーベー川に架 …

続きを読む

COLUMNS

ホーチミン:本田圭佑、サッカー教室で「夢を持つことの大切さ」伝える

 ホーチミン市10区のトンニャットスタジアムで2日、伊セリエA、ACミラン所属の日本代表MF本田圭佑選手によるサッカー教室「ソルティーロ・サッカースクール・イン・ベトナム2015」が開催された。今回のイベントには、6歳から12歳までのベトナム人50人と同市在住日本人50人の計100人の小学生が参加した。  本田選手は2日早朝にイタリアのミラノからホーチミン入り。0泊の弾丸日程で同市日本人学校を電撃訪問した後、サッカー教室を開いた。  観客席は一般客向けに無料で開放され、多くのベトナム人や在住日本人が本田選手の姿を一目見ようと詰め掛けた。本田選手がスタジアムに入場すると、観客からは大きな歓声が上がった。  サッカー教室では、本田選手が自身の経験を踏まえて「大きな夢を持つことの大切さ」「夢 …

続きを読む

COLUMNS

年初5か月のFDI認可額、▲22.0%減の43億USD

 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2015年年初5か月のFDI認可額(推定値)は42億9765万USD(約5300億円)で、前年同期に比べて▲22.0%減少した。  年初5か月の新規認可案件数は592件で、認可額は前年同期比▲19.4%減の29億5680万USD(約3640億円)。追加認可案件数は210件で、認可額は同▲27.1%減の13億4085万USD(約1650億円)となっている。また、年初5か月の実行額(推定値)は、前年同期比+7.6%増の49億5000万USD(約6100億円)だった。  国別の認可額を見ると、韓国が11億0523万USD(約1360億円)で、全体の25.7%を占めてトップを維持。4月時点で3位に後退していた …

続きを読む

COLUMNS

4月の訪日越人+59.3%の2.9万人、2か月連続で単月過去最高値を更新

 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2015年4月の訪日ベトナム人の数は前年同月比+59.3%増の2万8500人で、単月で過去最高だった2015年3月の1万8700人を大きく上回り、単月としての過去最高を記録した。ベトナムは2012年1月から40か月連続で各月の最高値を更新している。  4月の訪日外国人数は前年同月比+43.3%増の176万4000人で、初めて単月で170万人を突破し、単月で過去最高だった2015年3月の152万6000人を上回り、3か月連続で単月過去最高値を更新した。また、月間の訪日外国人数は2014年3月から14か月連続で100万人を突破している。  4月は3月に引き続き桜のシーズンでベトナム人の訪日需要が高まった。同国経済が順調に回復する中、4月26 …

続きを読む

COLUMNS

ハネムーンにおすすめの海外ホテル、ニャチャンのアンラムが第1位

 オーダーメイドの旅を提供する総合旅行会社の株式会社旅工房(東京都豊島区)は、ジューンブライドのハネムーン・カップルにおすすめの「海外ホテル人気ランキング」を発表した。同ランキングで、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市近郊の5つ星リゾート「アンラム・ニンバンベイ・ヴィラズ(An Lam Ninh Van Bay Villas)」が第1位に選出された。  同ランキングは、同社が発表した「ロマンティックなホテルランキング」のページビュー数をもとに集計したもの。計測期間は2013年6月14日から2015年4月30日。  「アンラム・ニンバンベイ・ヴィラズ」は、客室35棟全てがヴィラタイプ・プール付きの隠れ家リゾート。賑やかな繁華街から離れた森の中に建ち、目の前には白砂のビーチが広がる。宿泊 …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料