添付ファイルあり/支援活動中機関の寄付先一覧 #donationJP

2011.03.18

今回の震災に関して
具体的に動き始めている機関のリストを制作しました
募金活動に役立ててください






団体名 概要 支援内容 URL
日本赤十字社 日本赤十字社法に基づく特殊法人・特殊法人類似組織 日赤宮城支部にて被災者の救護 リンク先へ
◆公益社団法人
CivicForce
国内で大規模な災害が発生したときに緊急対応できる体制作り・勉強会からスタート 気仙沼中学校内にて電話開放、充電サービスを行なう。1200枚の布団や衛生用品等も配布。 リンク先へ
JustGiving 非営利団体への支援を行なうためのファインドレイジングツール Civic Force支援
※気仙沼を中心に物資の輸送(テント、食料、飲み物、燃料など)
リンク先へ
アメリカ赤十字 赤十字、海外向け 日赤宮城支部にて被災者の救護 リンク先へ
◆国際協力NGO
JANIC
NGOの理解促進と各組織との連携 加盟している22団体のNGOの振り分けられ、支援がなされる
(特活)ICA文化事業協会
(特活)ADRA Japan
(特活)AMDA
公益財団法人オイスカ
(特活)幼い難民を考える会
(特活)オックスファム・ジャパン
(特活)グッドネーバーズ・ジャパン
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
公益財団法人国際開発救援財団
(特活)国際ボランティアセンター山形
(特活)国境なき医師団日本
(特活)国境なき子どもたち
(特活)ジェン(JEN)
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
(財)ジョイセフ(家族計画国際協力財団)
(特活)地球の友と歩む会
(特活)難民を助ける会
(特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
(特活)ピースウィンズ・ジャパン
公益財団法人プラン・ジャパン
(特活)メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団)
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
リンク先へ
Japan Platform

日本のNGO、企業、行政がパートナーを組む、災害支援のネットワーク団体(難民や被災者の生命を守る緊急人道援助、復興活動を行なうNPO) 5つの国内NGO(難民を助ける会、CivicForce、JEN、日本国際民間協力会NICCO、ピース・ウィンズ・ジャパン)の物資配布、避難所設置等の活動に1700万円。JPF独自では仙台市にて物資支援。 リンク先へ
中央共同募金会 赤い羽根共同募金。自治会や学校、企業で募金を募り、取りまとめを行なう 東北関東大震災に係る義援金、地震災害におけるボランティア・NPO活動支援のための募金として使用される リンク先へ
◆NPO法人
ADRA Japan
教育、経済開発、医療援助、緊急援助など、多岐にわたる活動を行っているNPO法人 15日、仙台市宮城野区の中学校にて320人を対象にお味噌汁の炊き出しを行なった リンク先へ
◆特定非営利活動法人
AMDA
医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開しているNPO法人 医師・看護師を中心に、3月14日時点で計20名を現地派遣。仙台市内3地区にて物資(水、食料品、米、紙オムツ、衛生用品、寝袋など)を配布。 リンク先へ
国境なき医師団
MS
F
医師グループによって作られたNPO 南三陸町付近で14日から診療を開始。追加の医療物資等が到着次第、MSFは医療援助が必要とみられる他の地域住民の発見にも努めるとのこと。 リンク先へ
◆公益社団法人
日本国際民間協力会
NICCO
農村開発を中心に活動する京都発の国際協力NGO 宮城県名取市にて、医療支援(巡回診療)、衛生用品などの物資提供、仮設トイレの設置、ボランティアのコーディネート。 リンク先へ
◆国際協力NGO
ピースウィンズ・ジャパン
世界各地で紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して支援活動を行っている 15日、気仙沼市へ物資(簡易避難所になる大型シェルター、食品、通信機器等)を輸送。16日からは、衛星電話の回線を無料開放と充電サービスの実施。 リンク先へ
◆特定非営利活動法人
JEN
被害状況、支援ニーズ、輸送と物資調達経路など調査を行いながら、緊急支援物資を配布 15日仙台市で活動開始。16日には宮城野区内の小学校で炊き出し実施。現地の夜間の気温を考え、毛布、飲料水、タンクなどを配布。 リンク先へ
◆認定NPO法人
難民を助ける会
難民・避難民への支援や、障害者支援、対人地雷廃絶・被害者支援 3月14日早朝より、仙台市内にて食料(飲料水・お茶、フルーツ、お菓子)配付。15日には乳児用オムツや女性用衛生用品、カイロなどの物資配布。 リンク先へ
◆特定非営利活動法人
シェア
保健医療を中心として国際協力活動を行なっているNGO 仙台市へ医師、看護士の派遣 リンク先へ
日本ユニセフ 戦争、災害などで被害を受けている子供の支援活動 宮城県にて子どもを中心とした支援 リンク先へ
あしなが育英会 国内外の遺児を支援している非営利組織 親を亡くした、もしくは重度後遺障害を負った子供たちへの返還不要の特別奨学金 リンク先へ
◆国際NGO
プラン・ジャパン
寄付金をもとに、開発途上国の地域の子供たちの支援を行う財団法人 被災地での緊急支援物資の支給や、保健・教育分野などでの活動 リンク先へ
オックスファム・ジャパン 貧困と不正を根絶するための持続的な支援・活動を100カ国以上で展開している団体 既存の支援体制で見過ごされている在宅者、外国人、妊産婦、一人暮らしの老人への物資支援。 リンク先へ
ネットワーク地球村 永続可能な社会を実現するために活動する特定非営利活動法人 AMDAへの援助、被災地にて支援物資(ラジオ、ライト、乾電池)の配布。 リンク先へ
日本レスキュー協会 災害救助犬により、地震や土砂崩れ等の災害で倒壊家屋や土砂等に埋もれ助けを必要とする人を救出する 災害救助犬チームが岩手県での被災者捜索、救出を予定。 リンク先へ
◆特定非営利活動法人
ICA文化事業協会
世界31カ国のネットワークを持ち、国内外で地域開発、組織開発、人間開発を実践している団体 宮城県南部を中心に、食料や物資支援 リンク先へ
◆NPO法人
パブリック
リソースセンター
同サイトに登録し、現地で医療や物資調達などの支援活動を続ける団体の活動費用を集めている 下記の緊急支援6団体に配分される
 ・AMDA(アムダ)
 ・ジャパンプラットフォーム(JPF)
 ・ジェン(JEN)
 ・難民を助ける会
 ・ピースウィンズ・ジャパン
 ・日本国際民間協力会(NICCO)
リンク先へ

◇関連リンク

媒体資料