【水曜日】夏のスタイルキープ術、教えます☆/第44週

2008.08.05

暑い日が続くかと思えば、突然の豪雨&雷。
ゴロゴロと聞こえるたびに高木ブーさんの雷様を思い出し、
ちょっと楽しい気分になるメガネです。

暑い中お仕事していると汗が出て、せっかく朝スタイリングを頑張った髪型が崩れてしまう…
なんてことも増えますよね。

これって汗(水分)でスタイリング剤が重くなるのも原因のひとつ。
とはいえ、スタイリング剤を付けないのはイマドキちょっと…。
そんな悩みを少しでも解消する方法をお教えします。

ワックスに限らず、最近はツヤ系スタイリング剤が人気。
でも夏だけは「ツヤを抑えめにしたタイプ」を選びましょう(ツヤは油分が多少ならず入っているため、元々少し重めなんです)。
そして次に、「ハードタイプ」を選びます。
これは、ハードなほうが根元の立ち上がりやキープ力を維持しやすいからです。
ハード=髪全体が固まる印象ですが、
そのパワーを利用してキープ力を高める方法なんです。
毛先には薄く付けるイメージで整えることでガチガチになるのを防ぎましょう。

さらに細かいお話をすると、
髪を濡らして乾かす前に付けておき、
ドライヤーで乾かす&整える(束感が欲しいところは少量をもう一度付けます)。
この手順を踏むことで、かなり「もち」が変わりますよ。
これら全ては取材をする中でヘアデザイナーに教えてもらったテクニックです。
髪質やスタイルによって、より自分に合う方法があるはず。
今度サロンに行かれた時に担当の方に聞いてみるのがお勧めです☆
もちろん、スタイリング剤もプロが選ぶものなので、
メンプレ的にはサロンで買うのをお勧めします!

媒体資料