重光了滋

【男の勝負パンツ】爽やか"エロ・ヘルシー"/第111週(木曜担当/重光了滋)

【男の勝負パンツ】爽やか
#pants清潔感のある健康的な様を"ヘルシー"と呼ぶならば、今週のボクサーパンツは"ヘルシー"と呼ぶに相応しい。極限まで切り込まれたローライズ感と薄く滑らかな素材感が相まって、ほどよい"エロさ"が醸し出されている。フラットかつシンプルな作りは下腹部の膨らみを抑え、イヤらしくない健康的なエロさを演出しているのだ。これぞまさに"エロ・ヘルシー"。 …

続きを読む

COLUMNS

【履きたい白ブリーフ】男キュートなマリンボクサー/第110週(木曜担当/重光了滋)

【履きたい白ブリーフ】男キュートなマリンボクサー/第110週(木曜担当/重光了滋)
白ブリーフなんて恥ずかしくて履けない!?メトロセクシャルなるもの、そんな言葉の響きだけに惑わされてはいけない。というのも、ここで紹介する白ブリーフとは、"白ベースのボクサーブリーフ"のことなのだ。「なぜこの期に及んで"白"なの?」そんな疑問を抱く輩もいるだろうが、昨今の派手派手しいパンツという物は(それはそれで楽しくて良いのだが)、筆者にとっては退屈さを覚え兼ねない存在になりはじめいる反面、白とい …

続きを読む

COLUMNS

ハワイ直行便!?片道3,990円/第109週(木曜担当/重光了滋)

ハワイ直行便!?片道3,990円/第109週(木曜担当/重光了滋)
自虐まじりに打ちあけると、今年の5月は食あたりの大型連休に始まり、いわゆる"5月病"らしき症状に患わされ続けた。不安というか劣等感というか無気力というか・・・、とにかくこんな経験は初めてかもしれない。そしてようやく立ち直ったと思ったら、すかさずやってくる6月の梅雨シーズン。ちょっとヤバいかもなぁ、アラサー男子のナイーブな心には。「そうだ、6月は日本を離れてハワイで仕事をすればいいんだ。」そんな夢想 …

続きを読む

COLUMNS

敗北するまでやってみろ。第108週(木曜担当/重光了滋)

敗北するまでやってみろ。第108週(木曜担当/重光了滋)
敗北することを前提に勝負に挑む人間は愚か者だ。しかし、少しでも勝てる可能性があるにもかかわらず、敗北を恐れて退散してしまう人間はビジネスマンとして失格だ。「どんなに厳しいと判断される状況下であっても、突破口を見つけるべく常に思考し続ける。」これが仕事を興す人間にとってのあるべき姿勢であり、持つべきポリシーだ。今は戦国時代ではない。敗北すなわち失命、必ずしもそういう時代ではない。自分の選んだ道なので …

続きを読む

COLUMNS

さらば、養豚場。第107週(木曜担当/重光了滋)

さらば、養豚場。第107週(木曜担当/重光了滋)
寒さを嫌っては温室に篭もり、美味い物ばかりを喰らっていれば、そりゃあ真ん丸と脂の乗った体型になってしまいますよ。寒い季節にありきたりなこんな状況は、見方を変えれば、さながら養豚場の様相を呈するわけです。言ってしまえば、家畜の輩と同類なわけであります。さて、そんな分かり切ったことを偉そうに語る私自身はどうかというと、例に洩れず"出荷直前"の状況なのであります。特にウエストあたりに波打つ肉塊は忌まわし …

続きを読む

COLUMNS

齢二十八、腹のくくりどき。第106週(木曜担当/重光了滋)

齢二十八、腹のくくりどき。第106週(木曜担当/重光了滋)
「何モノにも縛られず、楽しく生きゆくのだ!」そんな夢想に縛られ続けた二十代。楽しく生きるためのエネルギー源のひとつが「魅力的な商品やサービスを享受すること」であるならば、自らも何らかの生産活動に勤しまなければならない。それが分業社会というものだ。そんなことはわかっている。でも、できることなら、自分の得意分野を活かして、ストレスなく楽しくやっていきたい。しかしながら、齢二十八になるまで、残念ながらそ …

続きを読む

COLUMNS

チョコには保険を。第105週(木曜担当/重光了滋)

チョコには保険を。第105週(木曜担当/重光了滋)
「おっ疲れ様です!お先に失礼しますっ!」連日の新規開拓営業。そんな疲れ、この威勢の良い声に乗せて蹴散らせてくれるわ!!己にそう言い聞かせながらも、無骨な鉄扉のカチャンと閉まるタイミングを見計らって「ふぅ...」とひとつ漏らしてみる。ここはこぎれいなオフィスビルの三階。エレベーターは使わない。「健康のため」などという真っ当な理由はそこにはない。『▼(下へ)』ボタンを押してからチンッと扉が開くまでの3 …

続きを読む

COLUMNS

もう、ゴムはつけない。/第104週(木曜担当/重光了滋)

はじめに断っておきますが、今日の主題はパンツ(ズボンではなく下着の方)です。「独身男が公の場でそんなセンセーショナルな宣言を...?」と気にかけて下さった方には申し訳ないのですが、今日はあくまでもパンツのお話なので、悪しからず。では、本題へ。2年ほど前、私は同僚の送別プレゼントでデザインパンツをセレクトして以来、パンツに特別な興味を持ちはじめたわけですが、ここにきて「オリジナルのパンツを作ってみたいなぁ...」などという妄想を抱きはじめた次第なのであります。そして、どうせ作るのであれば多くの人が共感してくれるソレにしたいわけです。というわけで、ちょいと考えてみたのがコレ。 …

続きを読む

COLUMNS

a cup by the name of happiness/第103週(木曜担当/重光了滋)

a cup by the name of happiness/第103週(木曜担当/重光了滋)
いまここに、私の胸元に、1つのカップがある。それは物心ついたころから私の首にぶら下がっており、そこには魅力的な絵柄が入れ替わり立ち替わり描写され、私を享楽の世界へと誘ってきた。そして、そのサイズは自在に変化するようで、歳を重ねるにつれ、ゆるりゆるりと口径を広げ、深みを増している。私はこの生涯において、得体の知れない液体を幾度となくこのカップに流し込んできた。時に喉の渇きを潤すかのように気ままに注ぎ …

続きを読む

COLUMNS

ロンリークリスマスは鉄腕パンツでございます。/第102週(木曜担当/重光了滋)

ロンリークリスマスは鉄腕パンツでございます。/第102週(木曜担当/重光了滋)
読者の皆様こんばんは。誰も知りたくはないでしょうが、私、重光了滋のクリスマス・イヴはロンリーでございます。正確にいうと(今年の秋から実家暮らしのため)家族と一緒なわけで、恋人というのはおりませんのでございます。ということで、寂しさも紛らわそうということで、こんな可愛らしいパンツを履いてみたのでございます。 …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料