【本気の筋トレ】トレーニングは脳や精神面に良い

2014.01.22

トレーニングや運動は「きつい」「苦しい」など、負のイメージをもたれがちですが(日本では特に強いです)、実質的には、脳や精神面にとって良い影響をおよぼすことが研究の結果示唆されています。

○運動・トレーニングを行なうと気分が良くなる(前向きになる)
○運動・トレーニングに慣れると「気持ち良い」と感じるようになる
○運動・トレーニングを継続して行なっている人はそうでない人に比べて脳機能が高い傾向にある
○運動・トレーニングを行なって身体機能の高い高齢者は認知症になりにくい

 上記はあくまで、ある程度適切な量・強さの運動やトレーニングが習慣化し、身体がこれに慣れている人に対して言えることです。
1~数回運動しても大きな成果は得られないでしょう。少しずつでも「継続する」ことが大切です。


 また、運動をすることで身体が鍛えられ、いつまでも若々しい状態でいられることも、
脳や精神面に良い影響を与えます。同時に自信にもつながるのでいくつものメリットが相乗効果をおよぼすのです。

 ただし、最初のほうはやはりキツイと感じることもあるでしょうし、習慣化していなければ面倒だと感じたりもするでしょう。
これを乗りきって「運動やトレーニングを行なうことが当たり前の状況」を作り出すことがポイントです。
そのために一緒に行なう仲間を作ったり、ジムへ入会したり、パーソナルトレーニングを受けたりと様々なアプローチが考えられます。

 方法論は色々ですが、ぜひ1月の間に定期的な運動をスタートさせ、少しずつでも良いので年間を通して継続してみましょう。

【まずは簡単なトレーニングからいかがですか?】
スクワット
腕立て伏せ
身体の安定性を向上させるエクササイズ

(木村 繁)

媒体資料