メトロアロマーニャ/第68週「肌荒れをアロマで癒す」

2015.06.04

メトロアロマーニャ 緑川です。

最近私は仕事が忙しくて、睡眠時間が少なくなってしまっています。そんなときって食事する時間もバラバラで、栄養も偏りがち。残念なことに私の肌は荒れてしまいました。
ということで、今回のメトロアロマーニャはオトコの肌荒れについてご紹介します。

先日、皮膚科の医師が「化粧水や乳液を利用しすぎると、かえって肌本来が持つ力を抑制させてしまうこともある」と話をしてくれました。肌はその一つ一つの細胞の機能として、皮脂コントロール、角質保護の役割を果たすほか常に新陳代謝を繰り返しています。しかし、栄養素や補修能力の高い薬品が肌をサポートしてしまうと、その本来の能力を発揮しなくてもよくなってしまうのです。
だから、肌トラブルが気になる人は「自然派化粧品がどうだ」とか「天然成分配合がいい」などという言葉を気にする前に、素肌力をUPさせることおすすめします。

今、肌が荒れてしまった私は、応急処置として化粧水や乳液を使って栄養補給をしていますが、根本的には、結構カラダの内部のビタミン不足が影響しています。睡眠不足で疲労やストレスが溜まっているときは、カラダのビタミン(特にビタミンB群)が不足しているのです。すると肌が荒れ、肌のコントロールがうまくいかなくなるんですね。なので今回ばかりはビタミンBを補給する内服薬を利用しました。仕事が忙しいときは、やむを得ません。皆さんもご注意を。

さて、前置きが長くなりましたが、何よりも大切なのは、カラダをちゃんと休めること。睡眠が一番です。まずは、このことを頭に入れた上で、メトロアロマーニャ的にアロマでのサポートする方法をご紹介しましょう。

今回は、アロマバスです。その究極の精油は、ジュニパーになります。
%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%91%E3%83%BC.bmp


あまりなじみがないかも知れませんが、ジュニパーは、「ジン」の成分でもあります。この精油は、体内に老廃物が多くなった時に生じる症状に対し、正常化する働きがあります。血液を浄化し、毒素を排出する力があるんです。なので、カラダに疲れが溜まり、抵抗力が落ちている場合には、このジュニパーの力を借りてしまうのも良いんです。
森の中にいるかのような香りも心地よく、疲れたときには本当に使えるアロマオイルです。

ちょっと疲れたなぁーと思うときには、お風呂に数滴、ジュニパーのオイルをたらしてみてください。

今回のメトロアロマーニャは、ジュニパーでした。

媒体資料