メトロアロマーニャ/第37週「アロマってエコロジー?」

2014.12.19

緑川画像

メトロアロマーニャ 緑川です。
最近は、仕事でもなんか普通に"エコロジカル"という言葉が出てくるようになって、エコがちゃんと浸透してきたように思います。
LOHASという言葉もそうですが、人間が生きていく上で、本当に心地よい生活を豊かに生きていきたいですね。

さて、精油のほとんどは海外で生産され、精製されていますが、日本の精油ってなかなか馴染みがないと思いませんか?もちろん北海道のラベンダー畑に行けば、国産ラベンダー精油を入手することができますが、首都圏のアロマショップには入ってくることはありません。それは生産量もさることながら、やはりコストの問題です。

大橋マキさんも考えていらっしゃいますが、アロマがエコロジカルかというと一概にそんなことはなくて、この精油生産のために森林伐採やら環境破壊があったりするわけです。なのでアロマ=エコロジカルという考え方はやめましょうね。
自然から得られたものも自分に必要な最低限のものを丁寧に使うことを心がけましょう。
だから正しい知識が必要なのです。
大人買いとかして、たくさんの精油をそろえて、意味もわからず精油を使いまくることはやめましょうね。

ちなみに日本国産の精油で注目を浴びているのが、"モミ"の精油です。
除菌や抗菌に効いたりしますし、香りが日本らしくやさしく豊かなものですので、チェックをしてみてください。
値段は高いですよ。

媒体資料