ハッピーアメ車ライフ/第35週「エコなアメ車 vol.2」

2015.05.26

こんにちわ
車担当の小田です。

先週末、会社のみんなで水上まで遊びに行ってきました。
東京から2時間弱で大自然に触れられて、温泉にも浸かれるので個人的に大好きな場所です。
毎年、スノーボードでは水上エリアには良く行くんですが、キャニオンズを通して、今回は"キャニオニング"に挑戦してみました。
耳慣れない方も多いですよね?

簡単に言うと川下りです。
ただ、普通の川下りと違うのはウェットスーツやヘルメット、グローブなどを着て、ボートなどには乗らずに身一つで川を下ります。

IMG_0191.JPG

いくつかコースはありますが、僕たちのコースでは途中、20メートルの滝からダイブしたり、ブランコみたいなのに乗って滝壺へダイブしたりとなかなかスリルのあるコースでした。
いつも海ばっかり行ってるので、綺麗な淡水での遊びは爽快でした。
水上ではラフティングやケイビングなど色々なアクティビティが夏に向けて楽しめるので、森の中のドライブも兼ねて遊びに行きませんか。


正直なところ、普段の生活でエコロジーを大きく意識して生活はしていませんが、森の中で遊んでるとエコロジーを意識してしまいます。
先週はハイブリッドのアメ車を紹介しましたが、今、アメ車はエコロジーの路線としてはハイブリッドではなくE85フレックス・フュエル対応に熱心なように見えます。
E85フレックス・フュエルとは85%のエタノールに15%の石油を混ぜた混合燃料で、最近、ニュースでも良く取り上げられ、穀物の価格が上がる要因にもなっているバイオ・エタノールのことです。
石油をわずか15%しか使ってないので、よりクリーンな排気ガスを出すのでCO2の削減にも効果があります。
既に多くのアメ車はE85対応のモデルが設定されて、アメリカでは、今後、この燃料を給油できるスタンドを増やしてインフラを整えていくようです。


アメ車のみならず世界の車メーカーはいくつかの方法でエコロジー路線を歩んでいますが、いずれにせよ、綺麗な海や山、空気...自然が失われていくのは悲しいことです。
小さくとも自分なりに何か地球に優しいことをやらなくてはと感じた週末でした。


運転は交通ルールを守って安全運転を心掛けましょう。

媒体資料