【MAFILYS流スーツ論】結婚式(ウエディング)での着こなし方/第27週(月曜担当/松井孝浩

2015.04.20

昨今の結婚式は、今までの結婚式と少し変化が出てきているようです。

今までは、6月がジューンブライドということもあり一年の中でも最も多い結婚式

シーズンだったと思いますが、最近では秋や春など気候が良い時期もかなり人気が

あり9月、10月も結婚式に参加される方も多いと思います。

 

そこで今回は、結婚式(ウエディング)でのコーディネートをご紹介させて頂きます。

 

結婚式での服装は一昔前であれば、黒スーツ(礼服)に白ネクタイが主流でしたが、現在の結婚式でのネクタイの合わせ方は華やかな色物や、少し人と違った着こなしを楽しむ為に蝶ネクタイを合わせてみてもオシャレだと思います。ネクタイや蝶ネクタイにチーフを合わせると更にオシャレ度がアップします。

 

では紹介させて頂きたいと思います。

  

 

100831mf6.jpg

まずこちらのグレースーツはただの無地グレーの生地ではなく、縦糸、横糸に黒、グレーの糸を使っている為、蝶タイには黒のベルベット生地、ポケットチーフには黒のチェックと、小物はすべて黒でまとめ、統一感を出しました。

 

次にブラックスーツです。

 

 

 

 

 

100831mf4.jpg

 

この写真で使われているスーツの生地はシャドーチェックといって、光が当たることによって、チェックの柄が浮き出る生地です。

ブラックスーツの中でも、このシャドーチェック、そしてシャドーストライプに関してはフォーマルでも使用可能です!

コーディネートに関しては、ブラウンと黒を基調としたレジメンタルストライプのネクタイに、ブラウンやベージュなどの暖色系のチーフで合わせ、まとめてみました。

 

このように、黒の無地スーツに白ネクタイというような画一的な結婚式の服装を少しアレンジして、結婚式もより華やかな雰囲気にしてみてください。

 

=====

 

さすがと言われる主賓・上司のスピーチとマナー

大泉書店
売り上げランキング: 35159

媒体資料