【MAFILYS流スーツ論】スーツの保管に役立つテーラバックの使い方!!【第28週(松井孝浩)】

2015.03.23

こんにちは。

 

暖かい日が続くようになってきましたね。

 

さて本日は、テーラーバッグについて説明させていただきたいと思います。

まずテーラーバッグとはコチラです。

 

 

bag01.jpg 

 

 

bag02.jpg見たことはありますよね。

よくスーツに掛けられてあるカバーのことです。

 

このテーラーバッグはこんな場面で使えます。

 

 

     出張や旅行スーツを持っていくとき

 

もちろん使われているとは思いますが、たまにただスーツを畳んで袋に入れてしまっている方もいらっしゃるので念のために。

 

 

     季節の変わり目に保管のために

 

衣替えの時期、スーツに何のカバーもせずにクローゼットに入れていませんか??

それは絶対にやめてください!

ホコリがついてしまったり、そのホコリやチリが大好きな虫もいます。お気に入りのスーツを守るためにもテーラーバッグにスーツを入れて保管してください。

 

 

と、ここまではテーラーバッグを使用する場面について説明しましたが、テーラーバッグの素材が違うだけでも効果は変わってしまいます。

 

いろいろな素材で出来ていますが、その中でも今回は当店のテーラーバッグに使用されている素材の不織布について説明しますね!!

 

不織布とは医療用や衛生材料用にも使われる繊維を織らない布のことで、マスクやガーゼにも使われています。

これがテーラーバッグに使われる理由として、以下のような特徴があります。

 

 

1.ソフトな風合いを持ちながらも強度があり、耐久性にも優れています。

 

やはりスーツというデリケートなものを入れるものですから、ある程度強度があると安心して持ち運びにも使えます。

 

 

2.通気性が有るので、湿気を自然に外に出してくれ、カバー内に湿気がこもるのを防止するのに役立っています。

 

スーツが傷んでしまう原因として湿気があります。

長期保管するときなどは、特に湿気でスーツがダメになってしまうことがよくありますので、通気性がなければホコリやチリを防げてもまったく意味がないんです。

 

 

3.ある程度の水は弾きます。

 

持ち運びの際に、急に雨が降ってしまうときもあります。

長時間ではありませんが、防水性があることで中のスーツを守ってくれます。

 

 

以上のように、不織布を使ったテーラーバッグにはスーツを守る要素がこんなにあるんです。是非持ち運びの際、季節の変わり目の保管用として使ってみてください。

 

最後に、クリーニングに出して返ってきたまま保管しているから大丈夫という方いらっしゃいませんか??

よくお客様のワードローブを見せていただいたときに見かけますが、クリーニングからスーツが返ってくるとビニールが掛けてありますよね?

あのまま保管していませんか??

勘違いされている方も多いと思うのですが、クリーニングでかかってくるビニールは「絶対に」外してくださいね。

ビニールを掛けたままの保管は通気性が最悪になりますので、ビニールを外してテーラーバッグに入れて保管してください!!

 

 

媒体資料