松井孝浩

『MAFILYS的クールビズ。』

『MAFILYS的クールビズ。』
MAFILYSの松井です。 スーツを着る仕事の人は、夏が近づくにつれて今年も地獄の時期が来たなーと思って いることでしょう。 さて夏のスーツスタイルと言えば2005年から始まりましたクールビズです。 クールビス゛と聞いて皆様は何を思い浮かべますか? 大半の人はノーネクタイをイメージされるのではないでしょうか!? しかし、実際の所、日本という国の風習ではお客様に会うのにノーネクタイでは失礼 になっ …

続きを読む

COLUMNS

新生活を迎える、新社会人のスーツマナー

新生活を迎える、新社会人のスーツマナー
こんにちは。 今回は、これから新生活を迎える新社会人の皆様へ向けて、覚えておきたいスーツの着こなし、マナーについて説明させていただきたいと思います。 服装の着こなし・マナーや、立ち居振る舞いが出来ると、上司や取引先からの見え方も違ってきます。 是非参考にしてみてください。 【スーツの着こなし方、マナーについて】 ◆スーツを着る際、釦はすべて留めていませんよね? 2釦、3釦の場合、一番下の釦は …

続きを読む

COLUMNS

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツの素材表記について3【第87週】

こんにちは! 早いものでもう5月も中旬に差し掛かりました。 気温も徐々に上がって来てますね! 暑いのは本当に苦手です。。。 さて、今週も前回に引き続き、素材表記についてと、素材の特徴について書かせていただきたいと思います。 今回は 「シルク」 について書かせていただこうと思います。 シルクは、人間の皮膚と同じたんぱく質から構成されています。 そして、光沢が美しく、軽くて、肌触りが滑らかです。 また天然繊維のため、化学繊維と違い、静電気を起こしにくいのも特長です。 もちろん短所もあります。 非常に繊細な素材のため、摩擦には非常に弱いです。 そのため、扱いには注意が必要です。 ※ここでのシルクの説明はシルク100%の特長です 最後に、タグ等に書いてある表記についてご紹介します。 ま …

続きを読む

COLUMNS

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツの素材表記について2【第86週】

こんにちは! ついに桜が満開になりましたね!! が、早くも散り始めてますね・・・ まだお花見できていないので残念です。 さて、今週は前回に引き続き、素材表記についてと、素材の特徴について書かせていただきたいと思います。 今回は 「コットン」 について書かせていただこうと思います。 コットンは、木綿のことで、木綿植物の種子につく綿毛から作られます。 特徴としては、他の繊維に比べ水分の吸収力にも優れているため、よくシャツの素材に使われています。 また静電気を防止するため、乾燥する季節にはもってこいです。 しかし肌の汚れや、汗をどんどん吸い取ってくれるため、洗濯はこまめに行うことが大切です。 コットンは、水に濡れると強度が増すため、洗濯の回数をそんなに気にしなくてもよいです。 次に …

続きを読む

COLUMNS

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツの素材表記について【第85週】

こんにちは。 ついに桜も開花宣言しましたね。 例年に無く早いです・・・ 来週には満開になるでしょうね! さて、皆様は服を買われる際に素材を気にしたことはありますか?? 実は素材によって、着心地や、機能がかなり違ったりするんです。 でも国によって素材表記が違うのでわからないですよね? そこで素材表記についてと、素材の特徴について書かせていただきたいと思います。 今回は 「ウール」 について書かせていただこうと思います。 ウールは、羊の毛のことをいいます。(主な羊の種類はメリノ種) 特徴としては、夏は涼しく、冬は暖かいというのが主な特徴です。 そのため、スーツに使われる代表的な繊維となっています。 次に、タグに書いてある表記をご紹介します。 国ごとに表記が違ったりするので、覚えて …

続きを読む

COLUMNS

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツ生地の柄って?【第84週】

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツ生地の柄って?【第84週】
さて、今回も前回に引き続き、新しくスーツを新調する際に役立つ、生地の柄にはどんな種類あるのかを知ってもらえたらと思います。 今日は、生地柄の中でもとてもクラシックな柄を紹介したいと思います。 1.ハウンドトゥース 猟犬の牙を連想させることから名付けられた、英国調のクラシックな柄。 日本では千鳥の飛ぶ姿に似ていることから「千鳥格子」と呼ばれていて、 フランスでは鳥の足に似ている事からピエ …

続きを読む

COLUMNS

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツ生地の柄って?(ストライプ編①)【第83週】

【Johnny Bunch流スーツ論】スーツ生地の柄って?(ストライプ編①)【第83週】
春も近づいてきましたが、まだまだ寒いですね! 春夏の生地が少しずつ入ってきていて、衣替えも近づいているなぁと感じます。 さて、今回は衣替えも近づいているので、新しくスーツを新調する際に役立つ、生地の柄にはどんな種類あるのかを知ってもらえたらと思います。 まずは、ストライプの柄からご紹介します! 1.チョークストライプ このストライプは、チョークでひかれた線のように輪郭がぼやけたストラ …

続きを読む

COLUMNS

【MAFILYS流スーツ論】コートの特徴と歴史(トレンチコート)【第82週】

【MAFILYS流スーツ論】コートの特徴と歴史(トレンチコート)【第82週】
さて今回は、「トレンチコート」について書かせていただこうと思います。 トレンチコートは第1次世界大戦、イギリス軍が作ったコートのことで、戦争後は防水レインコートとして男性、女性ともに着用されていったのが始まりといわれています。 …

続きを読む

COLUMNS

【MAFILYS流スーツ論】コートの特徴と歴史(Pコート)【第81週】

【MAFILYS流スーツ論】コートの特徴と歴史(Pコート)【第81週】
さて、前回のチェスターコートに続き、今回は「Pコート」について書かせていただこうと思います。 Pコートは、元々15世紀に下級海員の防寒上着としてオランダで誕生しました。 そしてその後、18世紀ごろにはアメリカの海軍でも採用され、19世紀以降に一般的に広がっていき、今に至ります。 1.名前の由来 さて、日本では一般的にPコートと呼ばれますが、この「ピー」とは何のことなのか? これには諸説 …

続きを読む

COLUMNS

【MAFILYS流スーツ論】コートの特徴と歴史(チェスターコート)【第80週】

さて今回は、 「コート」 について書かせていただきたいと思います。 コートと言っても、チェスターコート、トレンチコート、Pコート等たくさんの種類がありますが、本日はその中でも最もフォーマルなチェスターコートから説明したいと思います。 チェスターコート チェスターコートとは、正式名称をチェスターフィールドコートと言い、19世紀にチェスターフィールド伯爵が初めて着たのが始まりと言われています。このコートは、あらゆるコートの中でも最も格式が高いにも関わらず、フォーマルだけではなく、ビジネスやカジュアルでも使え、シングルのタイプと、ダブルのタイプがあります。 中でもクラシックなディテールになると、上襟が黒のベルベット、胸は箱ポケット、腰ポケットには雨蓋があります。そして、ウエストを絞っ …

続きを読む

COLUMNS

媒体資料