【働く男の美容十番勝負】らくちん★メンテで年末年始を迎えよう/第6週(金曜担当/箱石克好)

2010.12.24

「メンテナンス with You 」の精神

 

 メリー・クリスマス!今日が終わればあっという間に年の瀬モードが加速して新しい年へのカウントダウンです。この時期楽しいパーティやお付き合いといった社交の宴もたけなわで胃腸はかなりくたびれてくるとき。睡眠不足も気になります。年末年始とは体にとっては継続してハードな稼働が求められます。ちょっとの留意で毎日少しずつ回復させながら楽しい季節をお過ごしくださいね。

 いつだって基本は「メンテナンス with You 」の精神で、今を最高に楽しんで未来の自分もヘルシーでいてくれるように。

 

00313739.jpgカラダ目線で楽しく飲むひと工夫が、明日の朝も楽しく迎えるコツ

 

 宴会につきものの飲酒ですが、酔い対策だけでなく肝臓にかかる負担をいかに減らしてあげるかというのもヘルシーな自分をつくる決め手となります。それには、アルコール分解を早めること、排出をスピーディにすることも大切です。

 アルコールは肝臓で分解される2段階中「アルコール脱水酵素」と「アルデヒド脱水素酵素」の二つが作用します。 「アルコール脱水素酵素」の働きが弱く、アルコールを分解しないと「酔いやすく、さめにくい」、「アルデヒド脱水素酵素」の働きが弱く、アセトアルデヒドを分解しないと「気分が悪くなりやすい」とされています。最終的にアルコールが酢酸へと分解が完了すると「酔いが醒めた」状態に。

 そうした仕組みを考えて、飲酒前にはドリンクや胃の粘膜を保護する牛乳を飲んで対策を。そしてアルコールを摂取しているときには甘い物など糖分も一緒に摂ることでアルコール分解の過程で使われる糖分を補うことになるのでスムーズな分解を助けます。デザートや果実サワーなどで味の変化もつけられますね。

 そして、前回に引き続きまた大切なのが「お水」です。どんどんお水を摂ることで水が作用して分解を促進します。分解を促進しつつ排出をする何にも増して万能なお水です。

 

入浴万能説のヒミツ

 

 さらに私たち日本人の文化とも言える「入浴」にも一石二鳥以上のメンテナンス・パワーが秘められています。寒くなってきて肩のコリや指先など末端に冷えを感じる人も少なくないでしょう。血液は酸素を栄養素を全身に運び、臓器を健全に働かせ、更に二酸化炭素や老廃物を排出させる役目を担います。これらがうまく機能しないと、顔色が悪い、手足が冷えるだけでなく、全身倦怠やホルモンバランスも崩しそれはもう見た目も中身もくたびれた状態へ。

 血管を丈夫に保ち、血液の流れをスムーズにするというかなり標準装備と思いがちな体の基礎機能も、生活習慣であっという間にダウン&ダウン!です。

 さんざん楽しく飲めや歌えやしたお疲れの心身を一挙にアゲるのが入浴です。面倒くさいと言わずに、飲んだ日こそ明日のためにも入浴を。まず温熱作用によって血管を拡げ、血流を良くし老廃物や疲労物質の排出を促進。腎臓を始めとする内臓の働きも助けるので利尿作用も高まり、どんどん要らないモノを外に出します。
 

 水圧作用が加わることで溜まった血液が押し戻され心臓の働きを活発にし、血液循環を促進し、なんと水圧により呼吸の回数が増え心肺機能を高める効果も!

 

 そして浮力作用。お風呂に浸かることで体重が約9分の1ほどになり、普段体を支えている間接や筋肉が解放され、緊張から脳への刺激が減少することで心が安らぎ、深いリラックスへとつながるのです。


 こうした、特別な手間やコストの必要のない、体本来の機能が正常に働くように助ける知恵を日々活用することでストレスフルな生活習慣に対応することができます。ほんのちょっとした自分への慈しみの気持ちで、ぜひ取り入れてみてください。楽しくヘルシーな年末年始をお過ごしくださいね。

 
(参考)
アサヒビール http://www.asahibeer.co.jp/news/2010/0329.html
バスクリン http://www.bathclin.co.jp/happybath/nyuyoku/effect/
 


 

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp