【着こなしのコツ】今日から始める『細マッチョ!』/第89週(木曜担当/重光了滋)

2009.08.20

体脂肪を効率的に減らすのに最適な季節はいつか?

私の場合は「夏」だ。

「基礎代謝量が最も増える季節は冬だから、冬でしょう!」という理屈もあるにはあるが、原理的に動物は気温の低下とともに体脂肪を蓄えようとするもので、その本能に逆らうことは容易ではない。

対して夏は、暑さのせいか食欲が減退し、季節がら身体的にも精神的にも活性が高まるため、「消費カロリー≧摂取カロリー」の不等式が比較的成立しやすいのだ。

つまり、ダイエットに一番適した季節は「夏」である。

もちろん、個人差があることを否定をするつもりは更々ないが、これが私の実体験を根拠とした揺らぐこと無き答えだ。

そこで手に取りたいバイブル的マガジンがこれ、2009年8月26日発行のTarzan(ターザン)だ。
(2009/8/26訂正:「2009年8月12日発売」→「2009年8月26日発行」)

2009-08-20_153617.jpg
今月号のメインテーマは『細マッチョ!』、とても気になる字面だ。

2009-08-20_144923.jpg
プロローグには『細マッチョが好かれるワケ。』と題して、こう書かれている。

「ポロシャツが似合う細マッチョは、ナチュラル志向なのかもしれない。」
「洋服が似合うシルエットのまま、"脱いだらすごい"から人気が出る。」
「適度に鍛えれば、日本人の多くは細マッチョになれる可能性大。」
「一見やさしい感じなんだけど、でも筋肉はある。そのギャップが魅力。」

なるほどまさに小生はこの部類に入るのかもしれない、我ながらそう感じた次第だ。

身長や顔の造形は(特殊技工を凝らさない限りは)今更どうにもならないが、体形ならば個人のモチベーションと努力次第でどうにでもなる。

「身体づくりも着こなしの1つ」と幾度となく主張し続けてきた小生だが、共感してくれる人がいると思うと、少しばかりの嬉しさを覚えることは否定できない。

さて、今年の夏も折り返し地点をとうに過ぎた。

残り時間はそう多くはない。

ということで、来週は実践編だ。

細マッチョになる方法としての水泳(しかもクロール)を粋な着こなしを添えて、Tarzanよろしく紹介したい。

(重光了滋/メンズトレンド.JP

※Tarzan(ターザン)を立ち読みするなら → magazineworld.jp




Tarzan (ターザン) 2009年 8/26号 [雑誌]
ドゥ・ザ・マッチョ!
ドゥ・ザ・マッチョ!
posted with amazlet at 10.08.14
オムニバス ダブル・エクスポージャー ジグソー サルソウル・オーケストラ feat.ロレッタ・ハロウェイ イースタン・ギャング ラヴ・マシーン ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー たけだよういち ヴィレッジ・ピープル シニータ
ビクターエンタテインメント (2009-07-22)
売り上げランキング: 132173

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp