【エビデンスが物語る】チョコレートは脳卒中のリスクを減らすかもしれない 第112週(金曜担当/木村繁)

2010.03.05

もうすぐホワイトデーですね。メトロセクシャルな皆さんは、お返しをもう考えていますか?

このバレンタインデー・ホワイトデーでチョコレートをプレゼントしあう、というのは、企業によって作られた慣習だというのは、結構知られていること。うーん、でも企業に踊らされている、と素直に認めたくない! という方に朗報です(笑)。
今回はちょっと面白い論文をご紹介しましょう!
『チョコレートが脳卒中リスクを軽減するかもしれない?』

http://www.aan.com/press/index.cfm?fuseaction=release.view&release=799

正式発表は4月のようですが、上記タイトルのような論文が発表されるようです。
この内容によると、チョコレートに含まれる抗酸化物質が、体に良い効果をもたらし、脳卒中などを予防するらしい。。。
どうやら、この研究のもととなる、別の研究では、40,000人以上の方を対象に行った調査で、週に1回チョコレートを食べる人は、食べない人よりも卒中のリスクが22%低下したとのことです。
ただし、簡単にチョコレートといっても、砂糖をたくさん使っているものからビターなもの、ミルクが入っているものなどいろいろあるので、チョコレートの効果とカロリー過多のリスクを照らし合わせなくてはいけません。
まぁ、チョコレートを食べていれば脳卒中は平気さ! なんて考えることのほうが危ないと僕は思うんですが...チョコレートをプレゼントするときに「脳卒中予防になるよ☆」と付け加えてプレゼントするのも愛情たっぷりなアピールに... ならないですね(笑)。

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp