【火曜】人脈ブランディング講座/第63週『バレンタインデー・コミュニケーション』

2008.02.05

みなさん、こんにちは!
『人脈ブランディング講座』担当の“ちばとも”こと千葉智之です。


早いものでもう2月になっちゃいましたね。日曜日の東京は久々の大雪でしたし。僕にとって雪と言えば、『つらら』ですね。僕は広島の片田舎出身なので、冬の朝は家の軒先にぶら下がっている1メートル以上あるつららを傘で片っ端から落としながら学校にいくのが日課になってました。あー、つららが恋しい。


と全く関係ない話から始まりましたが、本日のお題は『バレンタインデー・コミュニケーション』というお話です。今年もまたバレンタインデーがやってきますね。男性にとっても女性にとってもドキドキワクワクの一大イベントです。

実は、MENSTREND主宰の林君から『バレンタインデー関連の記事でよろしく!』とお題を頂きまして、なにか人脈と結びつけて考えられないかなあ~と頭をひねりました。ためしに『バレンタインデー 人脈』ってグーグルってみると、検索トップにMENSTRENDが出てきて大笑い。「そんなん考えている人、おらんのじゃー」ということでこれはちょっと考え込んでしまいました。


といってもバレンタインデーって、お菓子メーカーに踊らされてると言いながらも、国民上げてのコミュニケーションのお祭りみたいなもんですよね。堂々と愛の告白が出来る『本命チョコ』、職場の人間関係を良好にする『義理チョコ』、お返しを忘れると禍根を残す『ホワイトデー』などまるで人生の縮図のようなイベントです。


僕はといえば、一昔前までは母親、妹二人、妻、会社と多いときは5つぐらいもらっていました。が最近は、母親とは離れているし、妹は上海に住んでるし、義理チョコは廃止傾向だし、と1つあるかないか。前年対比80%売上ダウンで、普通の会社なら潰れてしまうような状況です。


ということで、チョコレート絶賛受付中!(郵パック可)(笑)女性のみなさんも折角の機会なので、疎遠になっている人や懐かしい人なんかにコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。女の子からの久々の連絡がチョコレートなんて男だったらグッとくること300%です。ということで無理矢理バレンタインデーネタでした。


“人脈ブランディング”とは?

“自分の理想とする世界観を人脈によって形づくり、より高いステップへと上がっていき、粋でカッコいいブランド人を目指すこと。”

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp