【火曜】人脈ブランディング講座/『人に会って元気になる!』第119週

2009.03.03

みなさん、こんにちは!

『人脈ブランディング講座』担当の"ちばとも"こと千葉智之です。

 

今日はひな祭りですね。そして、ホワイトデーも迫ってまいりました。

 

ある調査によると、女性がホワイトデーのお返しに欲しいもの第1位は、『お食事』だそうです。エビでタイを釣るとはことことですね。(笑)

 

最近強く思うことですが、ほんと女性の方が元気があって強くなった気がします。20代の男性の草食男子なんて呼ばれてる反面、『婚活』という大義名分のもと、アグレッシブに活動するたくましい女性たちが僕の周りにも多いです。

 

 

昨年も提唱しましたが、僕はホワイトデーのお返しは、MUSICをおススメします。

参照:第68週『ホワイトデーmusic』

 

ここはセンスの見せどころ。

草食男子諸君、クールなジャケにカラフルなラッピングをして颯爽と手渡しに行きたまえ!

 

こんなCDを抱えてね。



さて、今回の講座は、『人に会って、元気になる』というお話。

 

人が元気になるには、やっぱり人のチカラが一番効きます。人に会うことから生まれるパワーを有効活用して、スカッと元気になる秘訣を伝授しちゃいます。

たとえば、めちゃめちゃ忙しくてぐったりしている時。

 

たとえば、仕事ででっかい失敗をしちゃった時。

 

たとえば、よくわからないけど何だか憂鬱な気分が晴れない時。

 

などなど何だか気分がすぐれない時ってありますよね。そんな時って何にもしたくなくなったり、誰とも喋りたくなかったりしますよね。

 

けど、そういう時ほど人に会いましょう!

僕の経験上からも、行く前から気分が乗らない時ほど、「行ってよかった!」って思うことや、元気が出たりすることの方が多いです。

 

何故かというと元気って伝染するものだから。だから元気な人と会えばいい。

 

ランチなど人と約束をしちゃうってのがベストです。どんなに気分が乗らなくても、「約束しちゃったから行かなきゃ」ってなる訳です。これがいいんです。ある種の『仕組み』なんです。

 

というより、「今はへこんでるけど、行けば元気が出るに違いない!」って思う込むことが重要です。

 

 

ただし、誰でもいいって訳ではありません。元気になる相手の代表選手は次の3選手。


①ポジティブな人


②自分を認めてくれてる人

 

③一緒にいるだけで癒される人

 

 

①ポジティブな人

これは分かりやすいですよね。元気は伝染する訳なので、元気を分けて貰わないといけない。そして、自分がへこんでる理由を軽く笑い飛ばしてもらえばOKです。能天気なぐらいの人の方がいいです。『えっ、そんなことで落ちてんの〜。あんた、考え過ぎ。』って言われて以上終了です。

 

逆に、ネガティブな人に会っちゃ絶対ダメです。話すだけで二人してダークサイドに落ちていきます。(笑)。

 

 

②自分を認めてくれる人

何故だかわからないけど、なんとなく馬が合う人っていますよね。それって考え方が似ているってことで、自分を認めてくれてる人ってことです。 


世界的ロングセラーであるD・カーネギーの名著『人を動かす』の中に、人を動かす3原則というのがありますが、その内の2つが『重要感を持たせる』と、『相手の立場に立つ』です。


つまり人がやる気になる(元気になる)のに、自分の立場に立って、認めてくれる相手というのは一番効果があるんですね。 



③一緒にいるだけで癒される人

これは、親しい友人や恋人、家族といった人たちですね。つまり、気を使わなくていい人ってことです。へこんでいるってことは、ある意味、神経に負担を掛けてるってことなので、その負荷を軽くするに限るんです。何にも喋らなくても平気な相手と一緒にいるだけで、ココロの疲れは段々取れていきます。



と、会うと元気になる人たちを紹介していきましたが、大事なのはこれを『仕組み』にすることが重要です。


だって『会うと元気になる』って分かってる訳なので、元気を出したいときは自動的にこの人達に会うように『仕組み化』すればいいんです。


たとえば、毎月第2、第4水曜日は『パワー充電ディナーの日』とか決めちゃって、機械的に予定を入れとくとか。忙しくたって、行かなきゃいけない状況を作り上げるんです。


うまく元気が出る仕組みをまわしていれば、安定的にハイパフォーマンスな『やる気』を出し続けることが出来るに違いないです。現に僕は出来てる訳ですからね〜



ということで、みなさんも『元気が出る仕組みエンジン』を作ってみてくださいね。



"人脈ブランディング"とは?

 

"自分の理想とする世界観を人脈によって形づくり、より高いステップへと上がっていき、粋でカッコいいブランド人を目指すこと。"



『出逢いの大学』入学受付中!(無料メールマガジン)

https://regssl.combzmail.jp/web/?t=mt23&m=w295
7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー
キングベアー出版
売り上げランキング: 55

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp