【メンズビューティ】夏を感じに~江ノ電に乗って~/第54週(月曜担当/島村真由美)

2009.07.19

夏になると、なんだか無性に「夏らしい」ことをしたくなる。

例えば、海に行くとか、かき氷を食べるとか、花火をするとか、バーベキューをするとか。

そんなことを思いめぐらすだけでわくわくしてじっとしていられなくなるのは私だけではないはず。

 

事実、先週の私は、「2つ体があればいいのに!」と叫びながら仕事をして、

これ以上ないくらいに詰まりながらも、とにかく上のような夏らしいことを妄想しては、

デスクの下でじたばたして、、、何とかやり遂げることができたのでした。。。

 

 

今週末は「思い切り夏を感じたい!」と、あえて電車に乗り込んで海を目指しました。

まずは都内から快速電車に揺られて、鎌倉まで。

(所要時間:新橋から、「横須賀線」で40分程度。横浜から30分程度。)

 

鎌倉で下車してお目当てのランチをいただきました!

向かったのは、鎌倉駅から徒歩7分。小町通りにある「brasserie 雪の下」。

私がいただいたのは、「ローストビーフランチ」です。

赤ワインソースとの相性抜群のローストビーフに、カラフルな鎌倉野菜が添えられています。


090720_1322~01.jpg


鎌倉からはいよいよ「江ノ電」に乗り換えて、江ノ島を目指します。


090720_1506~01.jpg


私は、のりおりくんという乗り降り自由の一日乗車券を購入しました。

車窓からの景色を見ながら、興味を持ったら下車してみる、という自由気ままな旅がしたかったからです。

 

江ノ電沿いは7月中旬から8月にかけては、蓮や桔梗の花が見頃です。

季節の花を目的に途中下車をしてみてもいいかもしれませんね。

 

「七里ヶ浜」駅に差し掛かった頃、海が見えてきました。


090720_1541~03.jpg


念願の海!です。

潮の香りと波の音、

サーファーやかわいい子供、犬が気持ちよさそうに海と戯れているのをみて、大満足。

(泳がなくてもいいんです)

 

しばらく眺めた後にまた江ノ電に乗り込んで、最終目的地の江ノ島を目指しました。


090720_1723~01.jpg


江ノ島では、新鮮な海産物を堪能しました。

醤油だけのシンプルな味付けで、素材の味をしっかりと味わうことができました。

 

この旅を通して、

壮大な海とどこまでも続く地平線を前に、心を解放して、自然のエネルギーを吸収して、

内面からのビューティを手に入れられた気がしました。

時間に縛れず、沸き上がる好奇心のままに夏を思い切り感じて、

心もおなかも満足な江ノ電の旅でした。

 

■関連記事■

【月曜】夏に使いたいボディケアアイテム/第41週 

【月曜】夏におすすめ、泡パック/第43週

【月曜】都会の真ん中で癒しの日帰り温泉/第23週

【月曜】ストレス解消上手になろう♪アグロナチュラのポケットレメディー/第8週

【月曜】休日はホテルステイ~ウェスティンホテル東京~/第7週

 

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp