【メンズビューティ】ボーナスでは一生忘れられない"一生もの"を(月曜担当/島村真由美)

2011.06.12

ビジネスマンの誰もが楽しみにしているボーナスシーズン到来。

頑張りに対する「対価」、使い道はもう決まっていますか?

 

私は毎年、"一生もの"を買い求めることにしています。

一年分の出来事を忘れることのないように、一生身につけられるアイテムに想いを込めます。

 

社会人になってから、毎年時計を購入しています。

 

社会人1年目の時に買った時計を身につけると、その頃のことを思い出し、

また、新鮮な気持ちになりたいときには、1年目に買った時計を手にしています。

時を刻むアイテムである時計は毎日身につけるものですし、思い出もしっかりと刻まれています。

 

私の大切なアイテムをご紹介しますね。

 

▼OMEGA「Sea master」

高校合格時に父にプレゼントしてもらった人生初の時計です。

「時間はあっという間に過ぎていく、一日一日を大切に過ごすように。

本物の時計に恥じない女性になりなさい。」

一緒に贈られた言葉も忘れることなく、今も愛用しています。

父とおそろいの時計はとても思い入れがあります。

 

▼FENDI「ダイヤモンドウオッチ」

社会人1年目に購入しました。

白蝶貝の文字盤にダイヤモンド、文字盤をぐるっと囲っているのもダイヤモンドです。

OMEGA「Sea master」とは正反対の女性らしい時計が欲しくて、とびきり繊細なこちらを選びました。

すごく悔しいことがあった日にこの時計に出会い、即決。

ダイヤモンドは私の誕生石で、身を守ってくれるお守り的存在。

こんな風に美しく嫌みなくダイヤが使われている時計が理想でした。

この時計をする日は、悔しくても辛くても「女性らしく、柔らかく美しくいよう」と思うことができる気がします。

110612_2106~02.jpg110612_2107~01.jpg

 

▼BVLGARI「solo tempo」

社会人2年目に購入しました。

部署異動・職種転換があり、"自分らしさ"を見失っていた時期。

この時計との出会いを機に、考えずに思い切りやってみるというブレイクスルーを迎えました。

「自分らしさを忘れないように、自分のペースで」と言い聞かせるように身につけています。

 

▼HERMES「クリッパー・シャンパンピンク」

社会人3年目に購入しました。

大学生のころから、社会人3年目になったら、自分の手で手に入れようとずっと憧れていた時計でした。

MVPになれたら、ご褒美に買おうと自分に約束してがむしゃらに過ごしていた春、

選ばれたことがわかった日に買いに走りました。

その日に限って、ずっと出会えなかったシャンパンピンクのモデルに出会うことができ、

その場で即決でした。

110612_2106~01.jpg110612_2107~02.jpg

 

全ての時計にその時の私の想いが詰まっています。

きっと一生忘れない、身につければ必ず思い出すことができる大切な想いや思い出があります。

 

そんな思い出と共に"一生もの"を購入するなんていうボーナスの使い道いかがですか?

私はこれからも続けていくつもりです*

 

そして、自分が思う存分使ったら、まだ見ぬ大切な娘にプレゼントする予定です*

こうやって何世代へも受け継げるものを一つ一つ手に入れていきたいです。

 

 

ちなみに・・・

勝負の日にはこんな感じにコーディネートすることが多いです。

 

▼左上から

OMEGA「Sea master」(父からのプレゼント)

母からもらったルビーのリング(母が私を身ごもったことがわかった時に父がプレゼントしたリングを受け継いだもの)

Van cleef&Arpels 「スウィートアルハンブラ ネックレス クローバー」(25歳のバースデープレゼント)

Van cleef&Arpels 「ラッキーアルハンブラ ネックレス ハート」(ずっと憧れていて、最近手に入れた宝物)

110612_2114~02.jpg

大好きな人たちに守られているって思うと、不思議な力が湧いてくるんです。

 

一生忘れられない素敵な使い道、見つけてくださいね。

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp