【Ciao,Ciao! Dall' Italia! 番外編】 食べるスペイン バルセロナ編/第37週(日曜担当/青池隆明)

2009.08.09

今回も前回に引き続き、番外編です。


今度はイギリスから飛んでスペインはバルセロナへ。
今回のテーマ「夏の疲れと上手に付き合う」のに、
ぴったりなものをバルセロナのランブラス通り沿いにある
「サン・ジュゼッペ市場」で見つけました。

 

P7304565.JPG

色鮮やかなフルーツのフレッシュジュース

 

 

 

P7304592.JPG

市場内にはフルーツを専門に扱うお店だけでも10軒ほどあり、
近くを通るだけで、甘い香りが漂います。

 

 

P7314714000.jpg

飲んだのはパイナップルジュース


 

たっぷりの氷で冷やされた生絞りのジュースは
パイナップル本来の甘みと酸味が程よく効いていて、
炎天下の中、最高の一杯。
暑さで疲れている身体も生き返ります。

 

 

さてビタミンを補給して、身体も元気になったところで、
美味しい食事をいただきます。
せっかく市場まで来て、ジュースだけではもったいないですしね。

 

 

入ったのは市場の中でも一際盛況だったこちらのお店。

P7304575.JPG

カウンター内のキッチンは賑やかそのもの

 

 

スペインといえば、タパスの国。
ショーケースの中から、新鮮な素材を選んで、
早速小皿料理を堪能します。

 

 

P7304581.JPG

まずは野菜のマリネ

 

 

軽く揚げたパプリカ、アスパラガス、なす、ニンジンなどが入ったボリューム満点のマリネ。

大胆に振られた大粒の岩塩が良いアクセントになってます。

 

 

 

P7304580.JPG

青トウガラシのグリル

 

 

これも焼いた青トウガラシに岩塩を振っただけのシンプル料理。

日本のシシトウを思い出します。

 

 

P7304583.JPG

マテ貝のニンニク炒め

 

 

マテ貝はあまり日本では見かけないですが、

ヨーロッパ、特にスペインではポピュラーな食材。

マテ貝をニンニクとオリーブオイル、白ワインでサッと炒めただけの

これまたとてもシンプルな料理。

身がプリプリで食べ応えあり。

新鮮な魚介には、スペインを代表する白ワイン、リオハがよく合います。

 

 

P7304582.JPG

そして最後にイカのグリル

 

 

これも焼いたイカに、

パセリとオリーブオイルで作ったグリーンソースをさっとかけただけの料理。

つけ合わせには何かとポテトがくっついてくるスペイン。

なんてことのないフレンチフライですが、イカの旨みやソースと絡まって

美味しくなってます。

 

 

タパスといっても、かなりボリュームたっぷりの料理に大満足。

夏の疲れと上手に付き合う方法は、

美味しいものをたくさん食べることかもしれませんね!

 

 

ではでは、また来週!
Ciao,Ciao!

 

 

(青池隆明/menstrend.jp

 

媒体資料

RECOMMEND SHOP

  • バナー原稿 234×60 (111107)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp
  • バナー原稿 234×60 (120925)imp